口臭は歯並びの悪さが関係しているので早めに治療しよう

口臭は歯並びの悪さが関係しているので早めに治療しよう

歯並びの悪さと口臭は関係していますが、本記事では詳しく理由を紹介しています。口臭対策も紹介しているので、気になる方は参考にしてください。 2019年05月21日作成

  • カテゴリ歯の治療・審美 - 歯列矯正
  • VIEW:115

歯並びの悪さと口臭は関係していますが、本記事では詳しく理由を紹介しています。口臭対策も紹介しているので、気になる方は参考にしてください。 2019年05月21日作成

歯並びの悪さと口臭は関係ありますが、関連性を認識している人は少ないです。
以下では、歯並びの悪さが口臭の原因になる理由と対策法を詳しく見ています。

TOPIC 01

歯並びが悪いと口臭が発生する理由

http://o-dan.net/ja/

歯並びが悪いと口臭が発生するのは事実です。理由は歯ブラシが届きにくくなるからです。
歯ブラシが届きにくくなれば食べかすが歯に残り、細菌が増え口臭の原因になります。

歯周病患者の口の中は独特な臭いがするといわれますが、細菌が原因になっています。

歯並びが悪いと口臭が発生するのは、ブラッシングの難しさ以外にも原因があります。
歯並びが悪いと口を閉じることが難しく口の中が乾燥しますが、乾燥状態になると唾液が正常に作用しなくなります。
唾液は口の中を清潔に保つ作用があるので、一定の唾液量が必要です。

歯並びの悪さと口臭の関係は明確ですが、一般的には知られていません。
しかし放置しておくと細菌が繁殖して虫歯や歯周病が進行するので、早めの対策をおすすめします。

TOPIC 02

口臭を防ぐための対策

http://o-dan.net/ja/

歯並びと口臭の関係はわかりましたが、口臭は周りに迷惑をかけるので定期的なケアが必要です。

以下では歯並びが原因で発生する口臭対策を紹介します。
ケアの種類によっては直ぐに行えるものがあるので、早めの対策をおすすめします。

歯磨きの励行

歯医者が歯ブラシを各社比較評価 どれがいいか?説明動画49知覚過敏と歯周病を防ぐ方法 GUMデンターシステマ歯磨き粉液体ハミガキ歯周病口臭大宮鈴木歯科医院

歯医者さんが選ぶ歯ブラシ

口臭対策には歯磨きの励行が効果的ですが、歯並びが悪い場合は歯ブラシが届きにくいです。
しかし歯ブラシの中には部分磨きに特化したものがあり、歯並びが悪くても毛先は歯に届きます。

歯周病が発生していない状態であれば、部分用の歯ブラシをおすすめしますが、ドラッグストアやAmazonで購入できます。

歯を磨くときは毛先をしっかりと歯に当てることと、小刻みに歯ブラシを動かすことが大切です。
歯磨きの方法は歯医者さんでも指導してくれます。
歯医者さんは歯の模型を使って指導してくれるので、毛先の当て方がわかりやすいです。

歯列矯正

あまりにも歯並びが悪い場合は歯列矯正が必要ですが、治療期間の長さと費用が問題です。

一部だけ歯並びが悪い場合は、部分矯正という方法があるので検討してください。
しかし部分矯正できないケースもあるので、治療内容は医者に任せるしかありません。

歯列矯正は基本的に保険適用外ですが、一定の条件を満たせば保険が適用されます。
詳細は以下のリンクに記載されています。

歯医者さんで口内のクリーニング

歯医者さんで歯のクリーニングをするのは、非常に大切なことです。
歯医者さんで歯のクリーニングをするメリットには以下があります。

・自分では取ることが難しい歯石が除去できる
・本格的なクリーニング製品を使うので、本来の歯の美しさを再現しやすい
・口臭の大きな原因である虫歯や歯周病を予防できる

歯のクリーニングには保険適用と自費診療の2つがありますが、自費診療の方が治療内容が本格的です。
しかし自費診療は保険適用と比較すれば、治療費が高めです。

TOPIC 03

歯並びが悪くなる外的な要因

http://o-dan.net/ja/

歯並びの悪さと口臭は関係がありますが、歯並びの悪さには外的な要因があります。

・指しゃぶり
・唇を噛む
・口呼吸
・舌癖
・頬杖
・物を噛む

歯並びが悪くなる外的な要因は、子供の頃に治しておくべきです。
小さな子供がいる親は子供を観察し、根気強く指導することが大切です。

歯並びの悪さと口臭の関係はわかりましたが、口内を清潔に保つことは健康の第一歩です。
健康は医者が守るものではなく、各々が守るものです。歯のケアは誰でもできるので、今日から始めましょう。

  • カテゴリ歯の治療・審美 - 歯列矯正
  • VIEW:115