歯茎の色は健康のバロメーターなのでチェックしよう

歯茎の色は健康のバロメーターなのでチェックしよう

歯茎の色はあまり注目されませんが、歯茎の色で健康状態がわかります。本記事では、歯茎の色と治療法について詳しく紹介しています。

2019年06月06日作成

  • カテゴリ歯の治療・審美 - 歯茎治療
  • VIEW:196

歯茎の色はあまり注目されませんが、歯茎の色で健康状態がわかります。本記事では、歯茎の色と治療法について詳しく紹介しています。

2019年06月06日作成

歯茎の色は健康のバロメーターになることが多く、注意深く観察することが大切です。
本記事は歯茎の色と治療法を詳しく見ています。

TOPIC 01

歯茎の色は健康のバロメーター

http://o-dan.net/ja/

口周りは病気の影響を受けることが多く、歯茎の色も例外ではありません。
以下では健康的な歯茎の色と、不健康な歯茎の色を紹介します。
不健康な色が続く場合は、専門医に相談することをおすすめします。

正常と判断される歯茎の色

健康な歯茎の色はピンク色ですが、状態によって多少は変色する可能性があります。
また健康的な歯茎は、たるみがなく引き締まっています。
歯茎を触ったときに弾力があれば健康的で、そのような歯茎は出血しにくいです。

不正常と判断される歯茎の色

・黒色
・赤色
・紫色

これらの色にはさまざまな原因がありますが、正常な色に戻らない場合は治療することをおすすめします。

歯茎が黒色になる原因は複数ありますが、喫煙のケースが圧倒的です。
タバコに含まれるタールやニコチンなどの有害物質は歯茎に染みこみ、歯茎を変色させます。
また治療中に金属の一部が歯茎に入り、黒色に変色することもあります。

歯茎が赤色や紫色になったときは、歯肉炎や歯周炎の疑いがあります。

TOPIC 02

歯茎を健康な色にする方法

http://o-dan.net/ja/

歯茎の色が不正常の場合は治療することをおすすめしますが、状態によってさまざまな治療方法があります。

以下では状態に応じた治療方法を紹介しますが、状態は医者に判断してもらいましょう。
医者は多くの歯茎を診察しているので、データの蓄積があります。
蓄積されたデータは正しい判断の礎です。

セルフケア

おすすめのセルフケアはマッサージですが、歯茎の血流を促進することを目的としています。

歯ブラシを用いるときは専用のジェルを使いますが、安いものは400円台からあります。

歯茎のマッサージは指の腹を使ってもできます。方法は簡単で歯肉を順番に押すだけです。
歯茎にはツボがあり、ツボを刺激することによって歯茎は正常な色に戻ります。

歯医者でケア

☆ベビーピーリング☆歯茎の黒ずみ改善☆ピンク色に♡@湘南美容歯科新宿院

歯茎の黒ずみ改善の治療法です。

不健康な歯茎の色は歯科医院で改善できます。
基本的には歯茎のクリーニングになりますが、動画では詳しく紹介しています。

専用の薬液でクリーニングしますが、一ヶ月後には成果が期待できます。
動画の歯茎も、一ヶ月後には明らかに改善しています。
一般的に歯茎の黒ずみ除去は自費治療になり、1万円程度かかります。

歯科医によるホワイトニングは安くはありませんが、効果的なのでお金を出す価値はあります。

ガムピーリングによる治療

歯茎の黒ずみの原因次第では、ガムピーリングという治療法が選択されます。
ガムピーリング治療は古い皮膚の表面をはぎ取り、新しい皮膚を形成させます。

痛みには個人差がありますが、ヒリヒリ感がある程度です。
ガムピーリング治療は一週間ほどで効果が出ますが、妊娠中の人は不向きです。

ガムピーリング治療は効果的ですが、自由診療のため保険が適用されません。
費用は歯科医によって多少は異なりますが、1万円ぐらいが目安です。

金属物を取り外す

口内の金属物が原因で、歯茎が黒ずむことはあります。
その場合は金属を除去して違う材質と交換します。

違う材質にはセラミックがありますが、保険適用外なので高いです。
保険適用であればレジンですが、最近はセラミックの人気が高いです。

TOPIC 03

歯茎の色が悪くなる生活習慣

http://o-dan.net/ja/

生活習慣が原因で歯茎が変色することはあります。
原因になる生活習慣には以下のものがありますが、根気強く改善していきましょう。

・生活リズムの乱れ
・疲労
・喫煙
・口呼吸

生活の乱れや疲れは免疫力の低下を招き、歯茎が腫れる原因になります。
喫煙は歯茎の黒ずみの原因になりますが、歯茎だけではなく肺にも悪影響を与えます。

口呼吸は歯茎を乾燥させ炎症が発生しやすくなりますが、炎症したときは変色しています。
口呼吸する人は歯並びの悪さも関係しているので、専門医で相談することをおすすめします。

歯茎の色は目に付きやすいですが、放置する人が多いです。
しかし歯茎の色は健康のバロメーターなので、不正常な色が続く場合は専門医に相談しましょう。

  • カテゴリ歯の治療・審美 - 歯茎治療
  • VIEW:196