オーラルフローラで口内環境をよくして細菌とさよなら

オーラルフローラで口内環境をよくして細菌とさよなら

オーラルフローラで口内環境をよくすることには意味があります。記事ではオーラルフローラの大切さについて解説しているので、参考にしてください。 2019年02月15日作成

  • カテゴリ歯の治療・審美 - 歯茎治療
  • VIEW:163

オーラルフローラで口内環境をよくすることには意味があります。記事ではオーラルフローラの大切さについて解説しているので、参考にしてください。 2019年02月15日作成

体内にはさまざまな菌がいますが、菌のバランスが悪くなれば病気になります。
食後には歯を磨きますが、口内にも菌がいます。
口内の細菌はオーラルフロラと呼ばれています。

口内にいる細菌は食べ物と一緒に飲み込んだら腸に届き、体に悪影響を与えると言われています。
口内環境が悪ければ歯周病や虫歯にもなるので怖いですね。

英語ではオーラルフローラーのことをOral Floraと表しますが、本来の意味は口の中にいる細菌のことです。
しかし日本ではオーラルフローラと言う言葉は、口内環境を良くする方法として使われていますね。

下記で紹介しているオーラルフローラも、口内環境をよくするための方法の意味で使っています。

TOPIC 01

オーラルフローラのススメ!

https://pixabay.com/ja/photos/%E5%8F%A3/

人間の体内には多くの菌がいますが、口の中にも菌が一杯います。
良い菌であれば何もしなくてもいいですが、悪い菌は早めに退治しておきたいものですね。

オーラルフローラをすることで口内環境は改善され、健康生活を送れるようになるでしょう。
健康とは関係ありませんが口内環境が悪ければ口臭の原因にもなり、周りに人に不快感を与えます。

オーラルフローラーは健康のためにも大切ですが、良好な人間関係においても大切です。
しっかり実践していきましょう。

TOPIC 02

オーラルフローラのメリットは?

https://pixabay.com/ja/photos/%E8%99%AB%E6%AD%AF/

オーラルフローラのメリットは、何といっても細菌が引き起こす病気の予防です。
口内の細菌なんて大したことはないと言う人がいるかもしれません。
しかし我慢できない虫歯も細菌が引き起こしています。

虫歯や歯周病は細菌が引き起こしますが、肉眼では見えないので厄介です。
しかしオーラルフローラーを実践することで、減少させることができます。

口内環境に気をつけている人は歯もキレイだし、不快な口臭とも無縁です。
口内環境がよければ歯医者に行くことがなくなり、経済的にも助かります。

TOPIC 03

オーラルフローラで減退可能な細菌

オーラルフローラを実行する前に、口内に潜む細菌の種類について勉強しておきましょう。
下記で紹介する細菌は、口内環境をよくすることで減退させることができます。

・歯周病菌
歯周病菌は口の中の悪玉菌として有名です。
歯周病だけであれば大したことがないと思う人がいるかもしれません。
しかし歯周病は糖尿病・心血管障害・呼吸器感染・骨粗しょう症などと関係があると言われています。

・カンジダ菌
カンジダ菌は皮膚に多い細菌と言われていますが、実は口の中にもいます。
カンジダ菌が起因となる症状にはカンジダ口角炎があります。

カンジダ菌を抑えるには乳酸菌が有効ではないかと注目されていますが、乳酸菌であればヨーグルトなどから摂取できるので簡単に実行できます。

TOPIC 04

オーラルフローラのやり方とは?

https://pixabay.com/ja/photos/%E6%AD%AF%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B7/

お金をあまりかけずにできるオーラルフローラの方法には歯磨きがあります。
しかし間違った方法で歯磨きをしても効果は期待できないと、警鐘を鳴らしている人がいます。
口内環境をよくするには正しい方法が不可欠です。

「大事なのは、歯と歯肉の境目の細菌のかたまりを取り除くこと。歯の平らな表面だけを磨くのはもう卒業しましょう」
出典:AERAdot.

歯間ブラシがあれば便利

記事では正しい歯磨きの目的は、歯垢(プラーク)を取り除くことと言っています。
しぶとい歯垢は歯医者さんで除去してくれますが、できたら毎日のケアーで増やさないようにしたいものです。

歯を磨くときは回数や時間よりも、しっかりと歯垢にターゲットを絞りましょう。
特に歯ブラシが届きにくい歯と歯の間は大切です。
しかし普通の歯ブラシであれば限界があるので、歯間ブラシの使用をおすすめします。

歯間ブラシはドラッグストアーでも販売されているので、手軽に購入することができます。
一袋に50本程度の歯間ブラシが入っているので、一回限りの使用であっても15日以上は使える計算になります。

1本の歯間ブラシを何日も使う人がいますが、真剣に口内環境をよくしたいのであれば清潔な歯間ブラシを使いましょう。

口内環境を良くすることの大切さは理解してもらえたと思いますが、最近は口内環境を良くするためのさまざまな商品が販売されるようになりました。
カンジダ菌を抑える乳酸菌を含んだ粒状の商品もあります。

時間がなくて食後に歯磨きができないときは、これらの商品を使うのがよいでしょう。
よい口内環境には日々のケアが大切です。
オーラルフローラを日常の習慣にしましょう。

  • カテゴリ歯の治療・審美 - 歯茎治療
  • VIEW:163