ホワイトニングとクリーニングの違いとは?徹底解説!

ホワイトニングとクリーニングの違いとは?徹底解説!

ホワイトニングとは歯を白くする効果があり、クリーニングは歯を綺麗にする働きがあります。これら2つの違いについて解説しています。 2018年05月21日作成

  • お口の悩みお口の悩み
  • VIEW:165

ホワイトニングとは歯を白くする効果があり、クリーニングは歯を綺麗にする働きがあります。これら2つの違いについて解説しています。 2018年05月21日作成

ホワイトニングサロンやホワイトニングの歯磨き粉など多くのホワイトニング商品が増えてきています。今回は歯科医院で行うホワイトニングについて紹介していきます。

ホワイトニングとは

出典元:https://www.shutterstock.com/

ホワイトニングは歯を白くすることを言います。歯についている着色成分を漂白することで白さを出しているのです。

漂白するには漂白効果のある薬剤を使用します。代表的なものとして過酸化水素や過酸化尿素が挙げられます。

過酸化水素は歯科医師と歯科衛生士しか取り扱えないほど強力な薬剤で歯科医院でするホワイトニングで飲み使用できます。

過酸化尿素は過酸化水素の弱いバージョンという認識で構いません。過酸化水素よりか強力ではないので自宅で行うホワイトニングで使用できます。これら2つの代表的な薬剤を使って歯を白くするのがホワイトニングです。

ホワイトニングの種類

歯科医院で行うホワイトニングと自宅で行うホワイトニングと表現しましたがこの2つについて詳しく見ていきましょう。

<オフィスホワイトニング>

歯科医院で行うホワイトニングのことです。過酸化水素を使用するので歯科医師や歯科衛生士の監視の元で行わなければいけません。

強い薬剤を使用するのでホワイトニング効果が短時間で実感できます。ただし歯科医院に通う必要があります。

歯科医師が常駐している環境でホワイトニングができるので安心できて一番安全なやり方ではないでしょうか。

<ホームホワイトニング>

自宅で行えるホワイトニングです。過酸化水素より弱い過酸化尿素を使用するので自宅で患者さんによって行えます。弱い薬剤なので効果が出るまで時間がかかるほか、患者さん自身で管理しなければいけません。

歯科医院へ通う必要はないので忙しい人や通わないでホワイトニングをしたい人にはおすすめできます。

患者さん自身で管理をするので使用方法を間違えると効果を得ることが難しくなります。

クリーニングは歯周病予防になる

クリーニングもホワイトニングと同じように歯を白くすると思われていますが、それは歯の表面についている汚れを落とすので結果的に綺麗に見えているだけです。

ホワイトニングは歯を漂白しているのに対してクリーニングでは歯の表面の汚れを落としているだけです。

ゴム製のチップを使って歯の表面をツルツルにしたり歯石を除去したりするのがクリーニングです。

歯についている汚れや歯石を除去できるので歯周病予防に効果があります。

歯周病になってしまうと口臭が発生するだけでなく歯を支えている骨が溶けていってしまい最終的には歯が抜けてしまいます。

ホワイトニングの良いところ・悪いところ

出典元:https://www.shutterstock.com/

<良いところ>

・ 歯が白くなる
歯を漂白するのでクリーニングよりも白くなった実感を得やすいのはホワイトニングです。

・ 歯に興味を持つ
一度白くすると歯に興味が湧いて今までよりも歯磨きに時間をかけて歯に対して興味を持つ人が多いです。

<悪いところ>

・ 知覚過敏になる恐れがある
ホワイトニングで薬剤を使用すると知覚過敏のような症状が出る恐れがあります。これは薬剤が強いオフィスホワイトニングの方が出やすいですが、もし症状が出たら歯科医師へ相談するようにしましょう。

使い分ける大切さ

ホワイトニングは歯を白くしてくれますが歯を清潔にしてくれるわけではないです。ホワイトニングをしても歯周病を発症していれば進行していきます。歯を白くさせることは相手に好印象を与えますが、クリーニングも受診したほうが歯のためです。
そのため自分の口の中が今どのような状態なのかを歯科医師に診断してもらい把握してく必要があります。

その結果、クリーニングが必要であればクリーニングをしてもらいましょう。それでも歯の白さに満足しなかったらホワイトニングをしても遅くはないのではないでしょうか。

ホイトニングとクリーニングの違いをよく理解してから治療を開始しましょう。

  • お口の悩みお口の悩み
  • VIEW:165