ホワイトニングはいくらかかる?種類と値段の相場を大解剖!

ホワイトニングはいくらかかる?種類と値段の相場を大解剖!

ホワイトニングの値段は、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングで異なります。この違いについて今回は紹介していきます。 2018年05月21日作成

  • お口の悩みお口の悩み
  • VIEW:229

ホワイトニングの値段は、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングで異なります。この違いについて今回は紹介していきます。 2018年05月21日作成

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングという言葉を知っていますか?これら2つとも同じホワイトニングですが値段は異なります。

ホワイトニングの値段はどう決める?

出典元:https://www.shutterstock.com/

ホワイトニングの値段は各歯科医院に一任されています。これは、世界にも誇る日本の医療保険制度が疾患や外傷にしか対応していないからです。「美容整形分野」や「審美歯科」がいい例ですがこれらは基本的に自費診療になります。

いわゆる3割負担(後期高齢者や一部の対象者は1割負担)が効かず10割負担しなくてはいけません。さらに医療保険制度の医療点数もホワイトニングには決まっていないので値段は各歯科医院が自由に決めることができるのです。

調べてみると最安値の歯科医院と最高値の歯科医院での値段の差は約6倍今日ありました。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングをしようとしても種類があるのを知っていますか?歯科医院か自宅かどちらでホワイトニングをするかという選択になるのですが、これだけでも値段に差ができています。

<ホームホワイトニング>

歯科医院で行うホワイトニングのことです。過酸化水素と呼ばれる比較的強い薬剤を使用することで歯に浸透している着色成分を分解し漂白してくれます。歯の中から汚れを落として白さを取り戻してくれる方法です。

<ホームホワイトニング>

自宅で行うホワイトニングです。過酸化水素の下位互換とも言える過酸化尿素という薬剤を使用します。効果は同じですが自宅で患者さんが使っても危険が少ないように弱い薬剤を使っています。

これら2つのホイトニングの方法では歯が白くなるまでの時間が違ってきます。もちろん強い薬剤の方が早く白くなりますし、歯科医師や歯科衛生士が処置をしてくれるので患者さんは手間が要りません。

その分、値段は割高になりますが安全性や効果を考えてオフィスホワイトニングを選ぶ人も多いです。

各ホワイトニングの値段相場

出典元:https://www.shutterstock.com/

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングでは値段の相場がどの程度で、どのくらい差があるのでしょうか。

その前に自費診療になると初診料や診査・診断料など全てが自費診療になります。ホワイトニングではホワイトニングの値段の中に初診料や診断料が含まれていることが多いです。

ただし、ホワイトニングの薬剤をより効かせるために歯についている汚れや歯石を事前にクリーニングで除去しておく必要があります。

そのクリーニングはホワイトニングが目的の場合は自費診療として行う必要が出てきます。

クリーニングは自費診療で5,000円〜10,000円の範囲で行っている歯科医院が多いです。

<オフィスホワイトニング>

歯科医院で行えるホワイトニングですが、歯科医師・歯科衛生士の人件費がかかるのでホームホワイトニングよりも値段は割高になります。

オフィスホワイトニングの場合、何本ホワイトニングをするかで値段が変わってきます。笑ったときに前から見えやすい前歯だけもできますし、奥歯もホワイトニングしたいというのであればできます。

<ホームホワイトニング>

自宅でできる分、人件費がかかりませんが初期費用としてマウスピース代がかかります。マウスピースを作りその中にホワイトニングの薬剤を流して自分の歯にかぶせるのです。

値段はおおよそ15,000円〜40,000円の範囲で行っている歯科医院が多いですね。
薬剤がなくなった場合は1週間あたり10,000円前後で薬剤を追加購入できます。

値段の違いは何?

実際に歯科医院でなぜこれだけ値段の差があるのでしょうか。

これは美容室でも言えることで、ホワイトニングをしている空間も提供していると考えてください。値段が高い歯科医院では個室を用意する・マッサージをしてくれる・落ち着いた空間作りをしているなどそれなりの努力をしています。

よって、ホワイトニングは高ければいいというものではないです。ホワイトニングをすると知覚過敏の症状が出ることもあります。そういう悪い面もしっかりと説明してくれる歯科医院で施術を受けるようにしましょう。

  • お口の悩みお口の悩み
  • VIEW:229