変色した歯茎を綺麗に戻す方法

変色した歯茎を綺麗に戻す方法

歯茎に着色や変色が起こる原因についてご紹介し、歯茎を綺麗なピンク色に回復させるための方法や変色を予防する方法を原因別に詳しくご紹介します。 2018年08月21日作成

  • カテゴリ歯の治療・審美 - 歯茎治療
  • VIEW:350

歯茎に着色や変色が起こる原因についてご紹介し、歯茎を綺麗なピンク色に回復させるための方法や変色を予防する方法を原因別に詳しくご紹介します。 2018年08月21日作成

歯茎の色は、口腔内の健康をはかる指標となります。赤く腫れた歯茎や紫色に変色した歯茎等、歯茎が変色する原因や綺麗な色に戻すための方法などについて詳しく解説します。

1.健康な歯茎とは?

健康な歯茎は、薄いピンク色を呈しています。適度にハリがあって、腫れや痛みなどの症状が一切現れていないのが健康な歯茎です。

2.歯茎が赤く腫れている

歯茎が赤く腫れている場合は、歯周病にかかっている可能性が高いです。歯周病では、歯茎に炎症が生じて、赤く腫れあがるからです。また、歯茎からの出血が認められる場合も歯周病の罹患が疑われます。

この場合は、何よりまず歯周病を治療しましょう。歯周病の原因となる歯垢や歯石を除去し、歯周病菌の増殖を抑えることが大切です。そうすることで、腫れや赤みの目立たない、綺麗な歯茎に戻すことができます。

3.歯茎が紫色に変色している

歯茎が紫色に変色している場合も歯周病が疑われますが、喫煙習慣がある人はタバコのヤニが歯茎に沈着したり、タバコの煙によって歯茎の血流が悪くなったりしている場合もあります。

喫煙によって歯茎が紫色になると、歯周組織の免疫力が低下し、歯周病にかかりやすくなるか、既にかかっている場合は症状が増悪しますので、禁煙することをおすすめします。喫煙習慣がなくなれば、紫色に変色していた歯茎の色も徐々に綺麗に回復していきます。

4.歯茎が黒く変色している

歯茎が黒く変色している場合は、喫煙による着色も疑われますが、お口の中に入っている補綴物が原因であるケースも珍しくありません。

例えば、奥歯に銀歯が入っていて、その周囲が黒く変色していたら、ほぼほぼ間違いなく歯科用金属による変色と考えられるでしょう。この場合は、銀歯を着色の原因とならないセラミック製の補綴物に代えるなどすることで、歯茎の色を綺麗にすることができます。

5.歯茎の色を綺麗に保つために

このように、歯茎の色というのは、いろいろな原因で着色や変色が起こりますので、生活習慣から改善していかなければなりません。とくに、喫煙習慣というのは、歯茎の変色が起こりやすく、歯周病のリスクにもなり得ますので要注意です。

それぞれの原因に応じた改善策や予防策は上述した遠いですが、即効性を求めるのであれば、歯科医院で受けることができるガムピーリングがおすすめです。着色や変色を起こした歯茎をはがし、新鮮な歯茎を再生させることで綺麗な薄いピンク色を呈するようになります。気になる方は、ガムピーリングを実施している歯科医院に相談してみてください。

  • カテゴリ歯の治療・審美 - 歯茎治療
  • VIEW:350