痛みはあるの?歯茎治療にかかる期間について

痛みはあるの?歯茎治療にかかる期間について

ガミースマイルを改善するための歯茎治療の種類や施術に伴う痛みの有無、それから具体的な治療内容などについて詳しくご紹介します。 2018年08月28日作成

  • カテゴリ歯の治療・審美 - 歯茎治療

ガミースマイルを改善するための歯茎治療の種類や施術に伴う痛みの有無、それから具体的な治療内容などについて詳しくご紹介します。 2018年08月28日作成

ガミースマイルの症状を治す場合には、歯茎治療が必要になることがあります。その際の痛みや治療期間について詳しくご紹介します。

1. 原因によって異なる歯茎治療

歯茎治療は、ガミースマイルの原因によって、治療内容も治療期間も異なります。そこでまず、ガミースマイルの原因についてご紹介します。ガミースマイルは、笑った時に上顎の歯茎が過剰に見える症状で、上顎の骨が長い場合に現れやすいです。つまり、骨格自体に問題があるということですね。

上の前歯が前方に飛び出している場合も、ガミースマイルの症状が現れることがあります。これは歯並びの悪さに起因したガミースマイルです。その他、笑った時に上唇が上がり過ぎることによって、歯茎が目立ってしまうケースもあります。

2. 骨切り術の内容と治療期間

まず、骨格の異常に起因したガミースマイルですが、のケースでは「骨切り術」が適用されることが多いです。長く発育し過ぎた上顎骨を適切なところで切除し、ガミースマイルの症状を改善します。手術自体は数時間で終わり、術中も麻酔が効いているため、痛みを感じることはありません。ただ、術後に麻酔が切れると、強い痛みを感じることがあります。また、数週間ごとに顎の状態を確認するなど、通院が必要となります。ですから、歯茎治療にかかる期間としては、数ヵ月を要するといえるでしょう。

3. 歯列矯正の内容と治療期間

歯並びの悪さに起因したガミースマイルであれば、歯列矯正で根本的な改善が見込めます。その際、必要となる治療期間は、どこからどこまでを矯正するかによって変わってきます。例えば、前歯の矯正のみで歯茎治療が完了するのであれば、部分矯正が適用され、数ヵ月で治療が完了します。けれども、矯正治療というのは部分的な施術では効果が得られないこともあるため、事前に精密な診断をしてもらう必要があります。ちなみに、矯正治療に伴う痛みは人それぞれ、矯正法や矯正医の技術力にも依存するため、一概にはいえません。

4. 粘膜切除術の内容と治療期間

上唇が上がり過ぎて歯茎が目立つガミースマイルに関しては、粘膜切除術が適用されることがあります。上唇の内側の粘膜を切開し、縫い合わせることで上唇が一定以上上がらないように調整する手術です。処置自体は数時間で終わり、麻酔によって痛みを感じることもありません。施術した部位が落ち着くまでには、数週間から数ヵ月程度かかります。

5.施術内容によって治療期間は大きく変わる

このように、歯茎治療にかかる期間は、処置内容によって大きく変わりますが、痛みに関しては薬剤などによってある程度コントロールされるため、それほど心配する必要はないといえます。ですから、気になる方はまず医療機関を受診してみてください。

  • カテゴリ歯の治療・審美 - 歯茎治療