歯肉整形とは?歯茎の形を整え笑顔に自信を

歯肉整形とは?歯茎の形を整え笑顔に自信を

口を開けたときに歯茎が見えるのを気にしている人は多いでしょう。歯茎を目立たなくする方法はいくつかありますが、そのうち歯肉整形について紹介します。 2018年10月09日作成

  • カテゴリ歯の治療・審美 - 歯列矯正
  • VIEW:544

口を開けたときに歯茎が見えるのを気にしている人は多いでしょう。歯茎を目立たなくする方法はいくつかありますが、そのうち歯肉整形について紹介します。 2018年10月09日作成

歯茎が気になる「ガミースマイル」

笑ったり、大きな口を開けたときに歯茎が大きく露出してしまうことを「ガミースマイル」とよびます。歯茎が見えるからといって、すぐに大きな問題が生じるわけではないのですが、見た目を気にして「なんとか治せないか」と考えている人も多いでしょう。歯が乾燥しやすいので、虫歯になりやすくなると言う歯科医師もいます。

ガミースマイルの治療法にはいくつかありますが、その一つ「歯肉整形」について、他の方法と比較しながら紹介していきます。

出典元:https://www.shutterstock.com

なぜ、ガミースマイルになってしまうのでしょうか。その原因は主にあごの骨や歯、歯茎にあります。

あごの骨に原因がある場合は、上あごの骨が長かったり、前に飛び出ていたりします。前に飛び出ているというのは、いわゆる出っ歯の状態です。

歯が小さかったり、歯の生える位置が下すぎたりすると、歯茎が目立ってしまうことがあります。逆に歯茎が長すぎる場合もあります。

また、上唇の筋肉の強さが原因になることもあります。上唇を持ち上げる筋肉が発達しすぎると、必要以上に唇がめくりあがり、歯茎が見えてしまいます。

ガミースマイルの治療にはどんな方法が

出典元:https://www.shutterstock.com

ガミースマイルの治療法には、原因や歯の状態によっていくつかの方法があります。

歯茎がそれほど露出していない場合は、歯科矯正によって歯並びを整えることで、歯茎が見えなくなります。

しかし、大きく歯茎が露出している場合は、上唇の裏側と歯茎の一部を切除して縫合する方法や上あごの一部を切除するという外科手術がとられます。外科手術は、歯科矯正と併用して行われることもあります。

また、上唇の筋肉の強さが原因の場合は、ボトックス注射によって筋肉の収縮を抑制する方法があります。ボトックス注射は小じわ取りなどの美容整形にも使われるので、名前を聞いたことがある人も多いでしょう。

そして、歯茎が長すぎて歯にかぶってしまっている場合に用いられるのが歯肉整形です。

歯肉整形のやり方とは

https://www.shutterstock.com

歯肉整形とは、歯茎と歯の境目の歯茎側を切除し、歯が見える部分を大きくする方法です。具体的には、歯周ポケットと呼ばれる部分を2~3ミリ程度、電気メスやレーザーで切除し、縫合します。

切除することで、歯茎が目立たなくなるだけでなく、歯茎のラインをきれいに整えることができます。

通院は1回で済むことが多く、手術に要する時間は10分から30分ほどです。手術後数日は痛みがありますが、2週間ほどで傷口も治ります。一番早く治すことができ、体への負担も軽い治療法だといえます。費用は自費診療ですから、医療機関によってまちまちです。数万円から30万円くらいの範囲でしょう。

治療を受ける際は、歯周病の治療で歯茎を切開するのに慣れた医師を選ぶといいかもしれません。

歯肉整形にデメリットはあるの?

出典元:https://www.shutterstock.com

歯肉整形は、どんな症例にも適しているわけではありません。歯茎を切除できるのはせいぜい3ミリほどまでですから、それ以上歯茎が露出してしまうという人には、効果がありません。

また、どれくらい切除するかは、医師の技能の見せどころで、大きく切りすぎると歯の根まで露出し、歯が長すぎるように見えるだけでなく、痛みを感じるようになってしまいます。逆に切除が足りないと、見た目はあまり変わり映えせず、数年で元に戻ってしまうこともあります。

切除した後の歯茎が元に戻ってしまうというのは、手術がうまくいったときにも起こる現象で、体が本来持つ傷を自分で修復しようとする働きによるものです。

後戻りを防ぐために、セラミックの被せ物を勧める歯科医もいます。確かに歯に被せ物をすれば、後戻りを防ぐ効果が期待できますが、セラミックの被せ物は1本10万円以上することがあり、装着には健康な歯を削る必要があります。慎重に検討した方がいいでしょう。

後悔しないよう事前にしっかりカウンセリングを

出典元:https://www.shutterstock.com

ガミースマイルは病気ではありませんが、口元だけに他人からどうみられるか、とても気になるもの。しかし、骨の異常などによるものでない限り、保険診療の対象とはなりません。そのため、歯肉整形をはじめ、ガミースマイルの治療には多額の費用がかかります。

また、すべての症例に歯肉整形が有効なわけではなく、歯科医院で別の治療法を勧められることもありますし、歯科医によって見解が分かれることもあります。

一度治療を受けると後戻りはできませんから、信頼できる歯科医院でよく検査してもらい、納得がいくまで説明を聞き、治療を受けるかどうか決めましょう。

  • カテゴリ歯の治療・審美 - 歯列矯正
  • VIEW:544