歯並びが下の歯だけ悪い!原因や部分矯正について解説します

歯並びが下の歯だけ悪い!原因や部分矯正について解説します

下の歯並びが悪い、と悩んでいませんか?原因や影響について解説します。また、コロナ禍で人前に出ることが少ない今は、歯科矯正がしやすいかもしれません。部分矯正で対処できることもありますから、どのような矯正が可能か確認してみましょう。 2020年09月24日作成

  • カテゴリお口の悩み - 歯並び・色
  • VIEW:305

下の歯並びが悪い、と悩んでいませんか?原因や影響について解説します。また、コロナ禍で人前に出ることが少ない今は、歯科矯正がしやすいかもしれません。部分矯正で対処できることもありますから、どのような矯正が可能か確認してみましょう。 2020年09月24日作成

下の歯の歯並びが悪い原因

上の歯は普通なのに、下の歯だけ歯並びが悪いという場合には、以下のような原因が考えられます。

・歯が生えている位置が悪い
・噛む力が強い
・顎が小さい
・歯が大きい

乳歯が抜け、大人の歯が生えてくるときに、舌側から生えてくることがあります。これは歯胚の位置異常と呼ばれ、生えてくる位置が悪いことでガタガタになってしまいます。

また、歯はもともと、少し前に傾いて生えています。そのため噛む力が強いことで、年月をかけて歯が前に移動していきます。この影響によって、下の歯がガタガタになってしまうこともあります。

さらに、顎が小さいと、歯が入るスペースが足りず歯並びが悪くなることもあります。逆に、顎の大きさは通常でも、一つ一つの歯自体が大きく並ぶスペースが足りないことで歯並びが悪くなることもあります。これらは先天的な原因によるものです。

歯並びが悪いとどのような悪影響があるのか

出典:https://www.shutterstock.com/

歯並びが悪いと、歯を磨く時にブラシが入れづらく、汚れが取れないことで虫歯リスクが上がってしまいます。また、虫歯だけではなく、汚れが溜まりやすいことで歯周病の可能性も高まります。こうなると骨が溶けてしまい、歯がグラグラになる原因になりますから、放置しないようにしましょう。
また、磨き残しにより歯石やプラークが溜まるため、口臭の原因になることもあります。

さらに、歯並びの悪さが下だけの場合でも、放置しておくことで上の歯もガタガタになることがあります。これは下の歯並びが悪いため、噛んだ時に上の歯に強く当たる箇所が出てくるためです。強く当たり続けることで、前歯が少しずつ前に出てしまい、上の歯並びにも悪影響を及ぼします。

歯並びの悪さは歯だけでなく、身体にも影響を与えることがあります。噛む力が衰えると脳への刺激が低下し痴呆の原因となったり、食べ物をよくかみ砕かずに飲み込んでしまうと消化器官に負担をかけます。

筋肉バランスが悪くなり、姿勢が悪くなることもあります。顎や顔の形にもゆっくり影響がでてくることもあります。

部分矯正について

出典:https://www.shutterstock.com/

下の歯並びだけが悪い場合、部分矯正で直せる場合もあります。

部分矯正と全体矯正の違いは、治療領域が異なることです。ただし、限定的な矯正となるため、全体矯正で行われる噛み合わせを整えることや、顎関節症の治療は行えません。

部分矯正は、歯を単体や少数動かすことで歯並びを整えることができます。しかし、デコボコになっている歯を単純に綺麗に並べるだけでは、歯を並べる隙間がなく、歯を並べた後に出っ歯や受け口になってしまうことも。

そうならないよう、部分矯正ではIPRと呼ばれる歯と歯の間を歯科用の器具で削り、すき間を作りスペースを確保します。歯のエナメル質の厚みは2~3ミリ程度のため、1ミリ程度の切削であれば、歯がしみることはありません。

部分矯正は全体矯正に比べ、矯正期間が短いことが多く費用も安く済むことが多いです。

しかし、歯の削れる量は限界があるため、デコボコの量が多い場合は、削る可能量では隙間が足りず、部分矯正では歯並びが治せない場合もあります。

下の歯の歯並びを整えよう!

下の歯並びだけが気になる場合、部分矯正で歯並びを整えることができます。しかし、デコボコが大きい場合には対応できない可能性もあります。まずは歯並びの状態をみてもらい、どのような矯正が対応可能か医師に相談してみましょう。

コロナ禍で人に合うことが減っている今だからこそ、歯科矯正してみてはいかがでしょうか?


ビル一棟全フロアが歯科医院で診療台29台、歯科医師8名、スタッフ40名以上で徹底的に丁寧な治療を行ないます。 日本全国から患者様が来院されており、トップアスリートの噛み合わせ治療も行なっています。最先端の設備のを備え、ミリ単位以下にまでこだわった噛み合わせを作っていき、見た目の美しさだけではない、その先にある全身の健康を目指した矯正治療を行なっております。

  • カテゴリお口の悩み - 歯並び・色
  • VIEW:305