美人の秘訣!「愛され笑顔」を作る口もとのポイントとは?

美人の秘訣!「愛され笑顔」を作る口もとのポイントとは?

愛され笑顔を作れる人は歯や体も健康なんです。魅力的な口もとになるポイントを見ていきましょう。
2019年11月25日作成

  • カテゴリお口の悩み - 歯並び・色
  • VIEW:354

愛され笑顔を作れる人は歯や体も健康なんです。魅力的な口もとになるポイントを見ていきましょう。
2019年11月25日作成

TOPIC 01

自然な口もとには魅力がいっぱい!

出典元:https://www.shutterstock.com

「笑顔」というと、「さわやか」「人なつっこさ」、そしてお決まりの「白い歯」といった言葉をイメージします。すてきな笑顔を作ることができると、それだけで好感度がアップしますし、もちろん、第一印象も違ってくるはずです。

ところが、笑うとどうしても見えてしまうのが「歯」です。
口を閉じていれば見えない歯ですが、口元に自信がないとどうしても人前で口を開けるということに抵抗を感じてしまう人も少なくないと思います。

理由は
・歯並びの悪さ
・前歯が黒ずんでいる
・歯の間が空いている
・歯の形がおかしい
などが考えられます。

歯にコンプレックスがあると人前で口が開けられない→笑顔が作れない=笑顔に自信がない
ということになります。

もちろん、口元に自信がなければ口を閉じて笑うのも手ですが、自然な笑顔に見えないため、無理に笑っているように見られてしまう恐れもあります。

では、どうしたら自然な笑顔を作ることができるようになるのでしょうか。

答えは簡単です。見られても恥ずかしくない口元作りをすればいいのです。

歯並びや色、形など悩んでいることをぜひ、歯科医に相談してみましょう。

TOPIC 02

歯の色なら「ホワイトニング」で決まり

出典元:https://www.shutterstock.com

歯の黄ばみで悩んでいるときは「ホワイトニング」が効果的です。

ホワイトニングとは、文字通り、白くすることです。

ブラッシングやクリーニングでは落ちない加齢や遺伝などによる黄ばみをホワイトニング剤を使うことで白い歯にすることができます。

歯を削ることなく、白くすることができますが、きれいになってもまたしばらくすればコーヒーや茶シブ、喫煙などでまた色がついてしまいます。ただ、自分の歯がある限り、ホワイトニングすることができます。

しかし、いくらホワイトニングといっても、真っ白になるわけではありません。歯を明るくするだけなので紙のような白にすることはできません。

また、ホワイトニングには種類があり、大まかに「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」に分けることができます。

「オフィスホワイトニング」は歯科医院などで薬剤を塗って光やレーザーを当てる方法です。資格を持った専門の人が行うため、高濃度の薬剤を使用することができます。従って白くなるのも早いのが最大の特徴です。

一方、「ホームホワイトニング」は歯科医院でマウスピースを作成し、薬剤を処方してもらう方法です。自分で好きなときにできるのがメリットですが、セッティングなどが面倒だと思う人には向きません。

「今よりもっと歯を白く、きれいにしたい」と思ったら「ホワイトニング」を試してみましょう。

TOPIC 03

セラミックで美しい歯並びを

出典元:https://www.shutterstock.com

ホワイトニングは天然の歯を白くする方法ですが、より白くしたいと思ったらセラミックです。ただし、こちらはかぶせ物なので、歯を削る必要があります。

セラミックのメリット

・見た目がきれいに
セラミックというのは要するに焼き物の元となる素材です。そのため、白く美しく、また、歯に近い自然な色合いの歯が作れます。

・歯並びが短期間できれいに
歯並びを治したいときは矯正だと長くかかりますが、セラミックなら数ヶ月で歯並びを治すこともできます。

・安心安全な素材
金属ではないので、金属アレルギーの人にも安心して使えます。金属ではないので歯茎への負担も少ないため安全な素材です。

・変色しにくい
セラミックは変色の心配がないので、いつまでも透明感のある白さを出せます。そのため、自然で美しい口元を作ることができます。

口もとに自信がないと、どうしても暗いイメージに思われがちです。人前で自然な笑顔を作れるようになれば周囲からの好感度もアップし、ものごとがスムーズに進むことにもつながります。気になる歯をきれいにして、すてきな笑顔を手に入れてみませんか。

  • カテゴリお口の悩み - 歯並び・色
  • VIEW:354