大きい前歯がコンプレックス!前歯が大きい原因は何?

大きい前歯がコンプレックス!前歯が大きい原因は何?

大きい前歯がコンプレックスで笑顔が苦手な方が多いです。そんな方のために、前歯が大きい原因と治療方法についてご紹介していきます。 2018年10月23日作成

  • カテゴリお口の悩み - 歯並び・色
  • VIEW:387

大きい前歯がコンプレックスで笑顔が苦手な方が多いです。そんな方のために、前歯が大きい原因と治療方法についてご紹介していきます。 2018年10月23日作成

TOPIC 01

大きい前歯の原因は?

出典元:https://www.shutterstock.com

大きい前歯がコンプレックスとなり、人前でスマイルが苦手、あまり自分に自信が持てないという悩みを持つ方は多いと思います。そこで、なぜ大きい前歯なのか原因をチェックしていきましょう。

遺伝

両親の顔つきや体系が遺伝によって似てくるように、歯やアゴの形まで子供に遺伝していきます。そのため生まれつき前歯が大きい、もしくはその他の歯が小さく歯並びがアンバランスに感じることがあるでしょう。
歯の形、歯の本数、アゴの大きさなど遺伝による原因となります。

また、歯の本数で永久歯が人より少ない方もいます。歯の本数が左右揃っていないと前歯がいっそう強調されて大きく見えてしまいます。歯の本数も生まれつきの原因で、その治療方法は抜歯やインプラントを植え込む、ブリッジを被せるなどがあります。

出っ歯

前歯が隣や他の歯に比べて前に出ていることです。原因として幼少期の指しゃぶりや舌で歯を押すクセがある、口呼吸などがあります。また先天性の遺伝が原因とも考えられます。

今後キレイに治したい方には歯科医との相談をおすすめします。上あごや前歯が前に多く出ているので、歯科矯正などで引っ込める治療内容になります。

あごと歯のバランス

実は大きい前歯には、あごの大きさも関係していました。あごの大きさに対して歯の形や本数が合っていないと、バランスが悪くなっていきます。その結果、狭くて小さなあごに歯が収まらず、他の歯を押し合います。徐々に歯並びへ影響を与えていき、前歯が出てしまうことがあります。
あごと歯のバランスが整わないと前へ押し出される原因のひとつになります。

歯茎が薄い

年を重なると歯茎が薄かったり、後退していくので歯の上下の面積が広く感じるようになります。そのため前歯が大きいと思うかもしれません。
歯茎が薄くなる原因は歯周病や老化、オーバーブラッシング、歯ぎしりなど多くあります。
薄くなり後退するのには口内や歯磨きの仕方に必ず問題が存在するので、ぜひ歯科医院に相談してみてください。

TOPIC 02

大きい前歯の治療方法

出典元:https://www.shutterstock.com

歯を削る

歯を少しずつ歯科専門のやすりで削っていき形を整えていきます。また、セラミック素材の人口歯を被せて歯を小さくする方法もあります。
しかし、どちらも健康な歯を削るので歯の寿命が短くなるデメリットが発生します。健康な歯の神経に影響が出る可能性もあるため、しっかりと歯科医と相談の上で治療を進めてください。

歯並びも治す歯科矯正

歯並びと前歯をキレイに整えるには歯科矯正がおすすめです。金属のワイヤーを使用するブラケット矯正やマウスピース矯正など種類があります。
主に抜歯をおこない、あごと歯のバランスを整えるブラケット矯正が一般的におこなわれています。
マウスピース矯正はワイヤーで引っ張るより長期間の治療が必要になります。

歯茎の治療

歯の根元となる歯茎がしっかりしていないと、せっかくの健康な歯も失われていきます。
歯茎は薄くなると自然に戻ることは難しいので、これ以上進行しないように気を付けましょう。早期解決のために歯科医院を受診し、歯茎が薄くなる原因を知ることが大事です。

歯周病や虫歯で悩まされる方、歯磨きが出来ていない方は、定期的に歯のクリーニングに通うのがベストです。また、磨きすぎで歯茎に影響がある時は正しいブラッシングを歯科医院から教わりましょう。

TOPIC 03

大きい前歯から卒業!

出典元:https://www.shutterstock.com

前歯が大きいことは様々な原因がありました。特にあごと歯のバランスが整わずにいると、歯並びにまで影響することがわかりました。大きいと感じる前歯には、口内の問題を伝えるサインなのかもしれません。
気になる方は一度歯科医院に相談へ行ってみましょう。また、相談のみで終わらずに毎日の歯のケアをぜひ実行してみてください。

  • カテゴリお口の悩み - 歯並び・色
  • VIEW:387