ホワイトイングで輝く白い歯に。注意点は?

ホワイトイングで輝く白い歯に。注意点は?

白い歯を手に入れるため、ホワイトニングを考えているひとも多いでしょう。しかし、ホワイトニングにも種類があり、料金設定も異なります。また、ホワイトニングに向かない歯や体質もあります。ホワイトニングで失望しないための注意点を紹介します。 2018年06月11日作成

  • カテゴリ歯の治療・審美 - ホワイトニング
  • VIEW:101

白い歯を手に入れるため、ホワイトニングを考えているひとも多いでしょう。しかし、ホワイトニングにも種類があり、料金設定も異なります。また、ホワイトニングに向かない歯や体質もあります。ホワイトニングで失望しないための注意点を紹介します。 2018年06月11日作成

テレビのCMなどで見るタレントの真っ白な歯に憧れる人は多いでしょう。最近は歯科医院などでホワイトニングを受ける人も増えています。しかし、ホワイトニングは保険が適用されないので、費用はかなりの高額。受けてはみたものの、思ったほどの効果がなく、がっかりする人もいるようです。そこで、ホワイトニングで後悔しないための注意点を紹介します。

ホワイトニングってどうやるの?

歯科医院でしかできないの?

ホワイトニングとは薬剤を使って歯の表面を漂白することです。漂白には過酸化水素などの薬剤が使われますが、医師しか取り扱うことができないので、基本的にホワイトニングは歯科医院でしかできません。

エステなどで「ホワイトニング」をうたっているところもありますが、これは歯の表面の汚れを落とすだけのクリーニングです。もともとの歯の色以上に白くすることはできません。ホワイトニング効果をうたう歯磨き粉も同じです。

歯が真っ白になると思い、こうしたクリーニングをやってみて、後でがっかりするということもあるようですから、事前に漂白なのか、クリーニングなのか、どの程度まで白くなるのかを確認することが大切です。

どんな種類があるの

歯科医院でのホワイトニングですが、大きく分けて「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」があり、両方を行う「デュアルホワイトニング」というものもあります。

オフィスホワイトニングは、歯科医院で歯に薬剤を塗り、その場で白くします。どのくらい白くしたいかによって、1回で終わることもあれば、2、3回通う必要がある場合もあります。ただ、早く済む代わりに色があせてくるのも早く、3カ月から6カ月ほどで色が元に戻り始めます。

ホームホワイトニングは専用のマウスピースを作り、自宅で薬剤を入れたマウスピースを歯にはめるという方法です。オフィスホワイトニングに比べ、漂白効果の弱い薬剤を使っているため1日数時間、数週間続ける必要がありますが、その分、薬剤が歯の内部にまで浸透し、6カ月から1年ほど効果が持続します。

デュアルホワイトニングは、歯科医院でオフィスホワイトニングを受けたあと、自宅でもマウスピースを使ってホームホワイトニングを行う方法で、早く効果が表れるうえ、効果も1年ほど続きます。しかし、ホワイトニングでは薬剤による刺激で知覚過敏などの痛みが出ることがあるのですが、デュアルホワイトニングでは薬剤に歯がさらされる時間が長くなるため、痛みがより出やすくなります。

ホワイトニングをしたい。注意点は?

歯科医院に行けば、ホワイトニングを気軽に受けられると思っている人がいるかもしれません。確かに、最近はホワイトニングを行う歯科医も増えてきました。しかし、施術内容や料金は医院によって大きく変わります。また、ホワイトニングは誰が受けても同じ効果が期待できるとはかぎりません。始める前の注意点を紹介します。

気になる料金は?

ホワイトニングは保険適用外ですので、料金は医院ごとに自由に決めることができます。薬剤の仕入れ価格や機器のリース代、人件費、医師の考え方などによって、料金は大きく変わります。一般的な歯科医院の場合、オフィスホワイトニングで3万円から5万円、ホームホワイトニングで2万円から4万円が相場です。ホワイトニング専門の歯科も増えていて、1万円を切る料金設定の専門医院もあります。これは、大量に資材を大量に発注することで仕入れ値を安くし、多くの顧客に施術をすることでコストを抑えているからです。

料金のことを考えれば、専門店の方が割安のことが多いといえるでしょう。

誰にでも効果はあるの?

残念ながら、ホワイトニングはどんな歯にも、どんな人にも施術できるというわけではありません。施術の際に痛みが出ることがあると書きましたが、虫歯や歯肉炎などがあれば、かなり痛みます。その場合は虫歯や歯肉炎の治療が先です。子供や妊娠中・授乳中の方もできません。まれに、先天的に過酸化水素を分解する酵素が欠乏している人がおり、その方も施術を受けることができません。また、歯の神経を失っている場合も白くなりにくく、適しているとはいえません。

このため、ホワイトニングの前には、口の中の状態をしっかりチェックしてもらい、どの程度の効果が見込まれるのか、説明を受けることが重要です。

自分にあった歯科医院選びを

ホワイトニングは自由診療のため、医院が自由に料金設定でき、施術方法もそれぞれ違います。

料金でいえば、専門医院が必ずしも低料金だとはかぎりませんし、一般歯科だから高いとは一概に言えません。漂白効果の高い薬剤を使って一人一人丁寧に施術をしたいという専門医院もあれば、懸命に努力して薬剤や機器を安く仕入れている一般歯科もあります。細かくみていけば、1本当たりで料金設定しているところも、〇本で〇円、上の歯だけで〇円・上下で〇円といった設定のところもあります。

また、医院選びでは「専門医院だから経験豊富で安心」という考え方もありますが、普段かかりつけの歯科医院でホワイトニングを行ってもらえれば、医師が最初から自分の歯の状態を知っているので安心できるという側面もあります。

まずは、どの程度歯を白くしたくて、それには、いくらくらいのお金とどれくらいの時間をかけられるかを自分で決めることが大切です。そのうえ、自分の希望に近い歯科医院を探せば、満足いく効果が得られることでしょう。

あともう一つ、必ずしっかりとカウンセリングを行ったうえで、いくつかの提案としっかりとした説明をしてくれる歯科医院を選びましょう。これで、失敗はないはずです。

  • カテゴリ歯の治療・審美 - ホワイトニング
  • VIEW:101