体の入り口から出口まで、パイプフローラで綺麗にし尽くそう!

体の入り口から出口まで、パイプフローラで綺麗にし尽くそう!

体の中の菌を退治するのは、オーラルフローラと腸内フローラです。記事では関連するパイプフローラも紹介しているので参考にしてください。 2019年02月15日作成

  • カテゴリ歯の治療・審美 - ホワイトニング
  • VIEW:228

体の中の菌を退治するのは、オーラルフローラと腸内フローラです。記事では関連するパイプフローラも紹介しているので参考にしてください。 2019年02月15日作成

腸内フローラは有名ですが、最近はオラルフローラも有名になってきました。
オラルフローラは口内のケアーですが、2つすることで高い効果が期待できます。
何故ならば2つとも関連性があるからです。

最近の医学は多方面からアプローチして病気を治す傾向が強くなってきました。
腸内フローラとオーラルフローラを合わすことも意味のあることです。
記事ではそんな2つのフローラのメリットを紹介しています。
また記事ではパイプフローラについても触れています。

TOPIC 01

腸の入り口としての口に注目が集まっています!

https://pixabay.com/ja/photos/%E6%AD%AF%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B7/

腸内環境が悪くなれば体に悪影響を及ぼすのは常識になっていますね。
実際に体験した人も多いと思います。
そんな腸内には主に3の菌があります。
菌の種類は下記になりますが、これらの菌のバランスが崩れるだけで体調不良の原因になります。

・善玉菌
・悪玉菌
・日和見菌

これらの菌のバランスをよくするために腸内フローラをしますが、菌の進入口のことも忘れてはいけません。
菌の進入口とは言うまでもなく口内です。
食べたものは腸にまで分解されて届きますが、その中によからぬ菌が侵入していたら大変です。

口内をフローラしたら腸に通じているパイプもキレイになります。
パイプフローラも大切ですね。

TOPIC 02

口内ケアはオーラルフローラで!

https://pixabay.com/ja/photos/%E6%AD%AF%E9%96%93%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B7/

口で食べたものは体のパイプを伝って腸に届きますが、よからぬ菌を侵入させないためには口内のケアが大切です。

口内ケアをすることはパイプフローラに繋がりますね。
そんな口内をフローラすることをオーラルフローラと言いますが、歯ブラシを使う方法や歯間ブラシを使う方法があります。

口の中の菌が体のパイプを伝い腸にまで達したら腸内環境が悪化するので、オーラルフローラは丹念にする必要があります。

オーラルフローラを丹念にすることで、腸内フローラの必要性が低くなります。
何事も根本的な予防が大切ですね。

TOPIC 03

腸内フローラで体の内側から健康に!

https://pixabay.com/ja/photos/%E8%85%B8%E5%86%85/

パイプフローラも大切ですが、最後の仕上げは腸内フローラです。
腸内フローラをする方法はいろいろ紹介されていますが、食べ物で腸内フローラをするのが一番手軽です。

腸内フローラに効果的な食べ物を下記で紹介していますが、過剰摂取は逆効果になるので適度に摂るようにしましょう。

牛乳やヨーグルトの摂りすぎでお腹を壊した経験がある人はいると思いますが、それは腸内環境が悪化したからです。
何事も適度な摂取が大切です。



腸内フローラに効果的な食べ物

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%81%9F%E3%81%BE%E3%81%AD%E3%81%8E/

・食物繊維
食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。
水溶性食物繊維を含む食物にはりんごや海藻があります。
不溶性食物繊維を含む食物には大根・玄米・きのこ類などがあります。

・オリゴ糖
オリゴ糖を含む食べ物には、牛乳・たまねぎ・ごぼう・大豆などがあります。

・乳酸菌
乳酸菌を含む食べ物には、ヨーグルト・チーズ・みそ・キムチなどがあります。

上記の商品を摂ることでパイプフローラになります。
パイプフローラをしたら腸内フローラをする必要性が低くなるでしょう。

TOPIC 04

合わせることで埋めれるメリットとは?

https://pixabay.com/ja/photos/%E5%81%A5%E5%BA%B7/

オーラルフローラは食べ物が腸に届く過程を考えれば、密接に繋がっていることがわかりますね。
オーラルフローラが完璧であればパイプフローラも完全に近づくでしょう。
そして結果的に腸内フローラをする必要性も低くなります。

パイプフローラも腸内フローラも外来語が混じっているので実感しにくいかもしれませんが、いずれの目的も悪い菌を体内に入れないことです。

オーラルフローラもパイプフローラも腸内フローラも関連性があるので、いずれも丹念にしたいものですね。
忙しい人は難しいかもしれませんが、せめて家にいるときはオーラルフローラと腸内フローラを意識しましょうね。

意識することできっと健康になると思います。
健康は日々の意識が大切です。

  • カテゴリ歯の治療・審美 - ホワイトニング
  • VIEW:228