自分に合った歯科矯正はどれ?子供でもできる歯科矯正比較

自分に合った歯科矯正はどれ?子供でもできる歯科矯正比較

歯並びが悪いとどんなデメリットがあるのでしょう。虫歯のリスクが高まる、骨格が歪む、筋肉バランスが悪くなるなどの症状が出てくる可能性があります。
その為、子供の頃から歯科矯正をして歯並びを改善していくことをおすすめします。今回は子供でもできる歯科矯正の種類や特徴を比較していきます。
2019年10月10日作成

  • カテゴリ歯の治療・審美 - 歯列矯正
  • VIEW:120

歯並びが悪いとどんなデメリットがあるのでしょう。虫歯のリスクが高まる、骨格が歪む、筋肉バランスが悪くなるなどの症状が出てくる可能性があります。
その為、子供の頃から歯科矯正をして歯並びを改善していくことをおすすめします。今回は子供でもできる歯科矯正の種類や特徴を比較していきます。
2019年10月10日作成

TOPIC 01

歯科矯正をするメリットとは!?

子供の頃から歯科矯正を始めても、決して早過ぎることはありません。
子供の時期から始める歯科矯正のタイミングとしては大きく2つに分かれます。

1つ目は1期治療といって、大人の歯(永久歯)が生えそろう前の段階で行う歯科矯正で、2つ目は2期治療といい、永久歯が生えそろってから行う歯科矯正です。

歯並びのケースによっては顎自体の矯正が必要な場合があるので、そういったケースでは1期治療で対応することが多いですが、素人では「どの時期に歯科矯正を始めるのがベストなのか」といった判断は非常に難しいです。

歯科矯正を行うことで得られるメリットを確認し、少しでもお子さんの歯並びが気になる方はできる限り早い段階で検討を行い、歯科医院に相談した方が賢明です。

幼少期

子供の時期から歯科矯正を始める最大のメリットは、矯正治療がスムーズに進みやすいことです。
その理由は2つあり、1つ目は顎や歯などが成長途中の段階にあるので動きやすく矯正治療が早期に終わることが多いです。

2つ目の理由として、子供は心身ともに適応能力に優れているので、矯正器具という煩わしい装置にもすぐに慣れやすいからです。

子供に対応している矯正法はどんなものがあるのかというと、上下の顎がバランス良く成長するようにコントロールし、永久歯が綺麗に並ぶよう手助けをする床矯正法(顎の矯正)などがあります。

また、一般的な歯科矯正の多くが歯を抜く(抜歯)処置を行うのですが、床矯正法だと歯を抜くことも少なく、自身の大切な天然歯をしっかりと温存できるのもメリットです。

しかし、2期治療では顎の拡大が難しくなるなど、1期治療のみ対応している矯正法もありますので、気になる方はまず歯科医院へ気軽に相談しましょう。

全体

子供から大人の方まで、すべての年代を通して歯科矯正を行うメリットを挙げていきましょう。

➀コンプレックスからの解放
歯並びが気になると、どうしても人目が気になり引っ込み思案になることが多く、歯科矯正を行うことで見た目が大きく変わります。
綺麗な歯並びを得られたことで自信が付き、新しい自分に生まれ変わったように明るくなる方もおられます。

②噛み合わせが整う
正しい歯並びは噛んだ際の余計な負担を減らすので、口周りの筋肉や歯周組織(歯茎など)の安定感につながり、末永く健康な歯を維持できます。

③運動能力・筋力・集中力の向上
運動する際は自然と歯に力が入る形となり、噛み合わせが悪いと運動に集中しにくいです。矯正を行うことで理想的な噛み合わせとなり、正しい位置で噛むことができますので、集中力が増し、運動機能や筋力も向上しやすいです。

④肩こり、腰痛などさまざまな全身症状の改善
歯並びのケースによっては顎関節症を引き起こすリスクが上がります。慢性的に口が開けづらくなると、肩こりや腰痛などの症状が出やすいです。
噛み合わせを整えることで全身のバランスが整うので、さまざまな全身症状の予防と改善が見込めます。

⑤虫歯や歯周病になりにくくなる
綺麗な歯並びは食べ物のカスがはさまりにくく、歯磨きがしやすいので口内環境が自然と良くなります。

⑥健康的になり、体全体のバランスが整う
歯並びを整えるとしっかりと噛むことができるので、だ液量が多くなり消化機能を向上させ、免疫力を高めるので健康的な体作りにつながります。

TOPIC 02

おすすめの歯科は!?

子供の歯科矯正を検討されている方は、特に歯科医院選びに対して慎重になることでしょう。
技術力や通える立地、歯科医師との相性など「選ぶ基準」は一人ひとりによって違いますが、判断材料として2つの要点を挙げます。

1つ目は「カウンセリングが無料であること」です。どんなに技術力があっても、歯科医師も患者さんも1人の人間同士なので、相性があります。

まずはカウンセリングを受けて、お互いの相性を見極めることをおすすめします。
また、歯科矯正は数年単位という長丁場の治療になり「言っていることは正しいけど、なんだか話が噛み合わない……」といった、心のモヤモヤをずっと抱えていたままでは長続きしません。

患者さんの意図をしっかりとくみ取り、丁寧な説明を行えるだけの予約時間もしっかりと確保してくれる歯科医院がベターです。

2つ目は「レベルの高い専門医」が在籍している歯科医院です。
日本矯正歯科学会から「矯正認定医」という資格を持った専門医が在籍している歯科医院は日本の歯科医師10万人に対してたった3000人ほどという難関の資格です。

矯正認定医のいる歯科医院は信頼できると言えます。

医療法人むらつ歯科クリニックの特徴

むらつ歯科クリニックでは矯正相談料が無料なので、気軽に相談しやすいです。
また、歯科矯正にかかる費用は後から追加料金が発生することがなく、装着した矯正器具に関しては永久保証となっていますので、経済的にも負担が少ないです。

「早く矯正治療を終わらせたい」とお考えの方も、最短3カ月で矯正治療が完了する歯科矯正の提案も行っています。
もちろん、技術のレベルに関しても高い水準を保っており「インビザラインプラチナ・プロバイダー認定医」といって、全国で数%しか認定されない矯正専門医が在籍しています。

他の歯科矯正に関しても、日本矯正歯科学会認定医の資格を持った矯正専門医が担当するので安心です。
歯並び以外の治療も同時に可能なので「抜歯は他の歯科医院でお願いします」と言われることもなく、一貫した治療が行えます。

TOPIC 03

医療法人むらつ歯科クリニックにはどんな種類があるの!?歯科矯正の種類と特徴比較

むらつ歯科クリニックの歯科矯正は、10歳頃から取り組める矯正法を用意しているので、「できるだけ早く矯正を終わらせたい」「長く期間がかかっても良いけど、その分値段は抑えたい」「煩わしい矯正装置を長時間つけるのは厳しい」といった、個々の要望に応じやすいです。

矯正法は3つに分類されますので、順を追って説明します。

インビザライン

透明で目立たないマウスピースを定期的に取り換えながら矯正していく方法です。

メリットとしては10歳から矯正治療が可能で、取り外しがお子さんでも簡単にできるので、衛生的かつ手入れも容易に行えます。

価格の目安は960,000円です。

マルチブラケット

別名、ワイヤー矯正法とも呼ばれ、一般的に広く普及している矯正法です。
メリットとしては、12歳から矯正治療が可能で、金属製ワイヤーの力で行うため難易度の高い歯並び治療にも対応できます。

また、インビザランより安価であるため、経済的負担が少ないです。

価格の目安は760,000円です。

プレオルソ

専用マウスピースを装着し、顎の大きさをコントロールすることで歯並びを整えていく矯正法です。
顎が動きやすい成長期のみ行える矯正法なので、10歳〜12歳のお子さんに限定されますが、家にいるときだけマウスピースをはめれば良いので、比較的気軽に取り組めます。

価格の目安は330,000円です。

TOPIC 04

デンタルローンでの支払いも可能

歯科矯正といえば高額な契約となりますので経済的な負担が大きいですが、むらつ歯科クリニックでは、歯の治療目的に限定した民間会社が取り扱うデンタルローンに応じています。

3~84回(最長7年)払いが可能で、たとえばインビザライン矯正ですと、月15,000~歯科矯正を行うことができます。

マルチブラケット矯正だと、月12,000円から、プレオルソ矯正では月9,000円から歯科矯正を始めることが可能なので「興味はあるけど、そこまでまとまったお金がない」といった方でも矯正治療に取り組みやすいです。

  • カテゴリ歯の治療・審美 - 歯列矯正
  • VIEW:120