歯間に隙間ができる隙間(すきっ歯)の原因と治療法

歯間に隙間ができる隙間(すきっ歯)の原因と治療法

隙間(すきっ歯)は歯間に隙間ができる症状ですが、さまざまな病気の原因になります。本記事では隙間(すきっ歯)の原因と治療法を紹介しています。 2019年06月06日作成

  • カテゴリお口の悩み - 歯並び・色
  • VIEW:570

隙間(すきっ歯)は歯間に隙間ができる症状ですが、さまざまな病気の原因になります。本記事では隙間(すきっ歯)の原因と治療法を紹介しています。 2019年06月06日作成

隙間(すきっ歯)は広く知られている症状ですが、放置しておくと大変なことになります。
以下では隙間(すきっ歯)の原因と治療法を見ています。

TOPIC 01

隙間(すきっ歯)には弊害がある

http://o-dan.net/ja/

隙間(すきっ歯)は笑ったときに目立ちますが、弊害は見た目の悪さだけではありません。
以下では隙間(すきっ歯)が引き起こす弊害を見ていきますが、いずれも日常生活に支障を来します。

虫歯になりやすい

隙間(すきっ歯)は歯と歯の間に隙間ができるので、食べ物が付着しやすいです。
歯磨きで落とせるのであれば問題はありませんが、歯ブラシが届きにくい箇所はあります。

虫歯は歯垢や歯石が原因になることが多く、日常のケアが大切です。
しかし隙間(すきっ歯)になれば、歯磨きだけでは歯垢や歯石を退治することができません。

発音障害

隙間(すきっ歯)になれば、発音障害を引き起こす可能性があります。
特にサ行とタ行が発音しにくいです。
理由は歯の隙間から空気が漏れるためですが、顧客相手の仕事の人は早めに治療することをおすすめします。

咀嚼能力の低下

隙間(すきっ歯)になると上下の歯の噛み合わせが悪くなり、咀嚼能力が低下します。

十分に咀嚼しないと胃に負担がかかり、腹痛や下痢を引き起こします。
腹痛と下痢は薬で治ることが大半ですが、根本的な原因である隙間(すきっ歯)を治さないと再発します。

TOPIC 02

隙間(すきっ歯)の原因は何

http://o-dan.net/ja/

隙間(すきっ歯)の事例は古くあり、さまざまな原因が指摘されています。
隙間(すきっ歯)の原因を知ることで、治療方法を確定することができます。

以下で紹介する隙間(すきっ歯)の原因は一部ですが、該当する人が多いといわれています。

生まれつき

原因は不明ですが、生まれつき歯が小さく歯の形が悪い人はいます。
その場合は歯と歯の間に隙間ができ、隙間(すきっ歯)になりやすいです。

また歯が生えない場合も、隙間(すきっ歯)になりやすいです。
本来あるはずの歯がなければ、歯と歯の間に隙間ができるのは自明です。

悪習慣

隙間(すきっ歯)の原因には悪習慣もあります。しかし本人は気付かないことが多いです。

指しゃぶりは歯を内側から押すため歯が広がり、隙間(すきっ歯)になりやすいです。
深い噛み合わせも歯に圧力がかかるため、隙間(すきっ歯)になりやすいといわれています。

TOPIC 03

隙間(すきっ歯)の治療法

http://o-dan.net/ja/

隙間(すきっ歯)の事例は多く、治療方法は充実しています。
以下では一部の治療方法を紹介しますが、治療前に担当医と十分に相談することをおすすめします。

ブラケット矯正

ブラケット矯正はブランケットやワイヤーを用いて、歯を動かします。
古くからある治療方法で、基本的に歯を削ったり歯を抜くことはありません。

一部分だけの隙間(すきっ歯)の場合は、部分矯正という治療方法があります。

ブランケットは目立ちやすいですが、白や透明の素材でできた審美ブラケットもあります。

マウスピース矯正

マウスピース矯正はマウスピースを用いて歯を動かしますが、一般的に治療費は高額です。

マウスピース矯正は歯を大きく動かすことが難しいので、ひどい隙間(すきっ歯)には不向きです。

マウスピース矯正のメリットは目立ちにくいことですが、顧客相手の仕事の人は助かります。

クラウン

クラウンは歯を動かす治療方法ではなく、歯間をかぶせものや差し歯で埋めます。
しかし健康な歯を削ることがあり、自然な治療方法とは言えません。

かぶせものにはセラミック素材のものがあり、最近ではクラウン治療の主流になっています。

TOPIC 04

高齢になってからも隙間(すきっ歯)には注意

http://o-dan.net/ja/

若いときは隙間(すきっ歯)ではなかったのに、高齢になってから隙間(すきっ歯)になる人はいます。

歳を重ねると歯茎が下がる傾向にあり、歯と歯の間に隙間ができやすくなります。
加齢による隙間(すきっ歯)には、歯肉のマッサージが推奨されています。

隙間(すきっ歯)について紹介しましたが、隙間(すきっ歯)は病気ではないので放置する人がいます。
しかし隙間(すきっ歯)が引き起こす病気を考えると、早めの治療が望まれます。

隙間(すきっ歯)の治療方法は確立されており、多くの歯科病院で受け付けています。

  • カテゴリお口の悩み - 歯並び・色
  • VIEW:570