矯正で「安い」は注意!オススメしない理由と理想の病院について

矯正で「安い」は注意!オススメしない理由と理想の病院について

矯正治療の費用が安い病院を選ぶ場合、オススメできない理由があります。この記事では「安い」がいいとはいい切れない理由と失敗しない矯正法を解説しています。また、実際に費用面ではなく病院を選ぶときのポイントもご紹介します。 2018年12月28日作成

  • カテゴリお口の雑学 - 病院選び
  • VIEW:257

矯正治療の費用が安い病院を選ぶ場合、オススメできない理由があります。この記事では「安い」がいいとはいい切れない理由と失敗しない矯正法を解説しています。また、実際に費用面ではなく病院を選ぶときのポイントもご紹介します。 2018年12月28日作成

矯正治療をするとき価格だけで選んでいる方が増えていますが、注意が必要です。矯正治療の効果が小さかったり、技工物が粗悪であったりするなど、オススメできない理由がたくさんあるのです。価格を抑えて矯正治療ができるのはうれしいことですが、思っていた成果が出ないケースがよくあります。矯正治療で失敗しないために、この記事では、安い矯正がオススメできない理由と矯正治療で注意すべき点を解説していきます。

部分矯正は安いが効果も小さい

矯正治療は保険適用外の治療になるので、高い治療費がかかります。また、治療には時間がかかることから、安くて短時間で治療が完成する部分矯正を選択する方がいらっしゃいます。しかし、部分矯正の注意点は、矯正が不十分になるケースがあるということです。部分矯正で効果がある方もいらっしゃいます。

ただ、矯正して全体のかみ合わせを正常化しないと本当の意味で矯正が完了したとはいえません。全体の歯並び矯正が必要な方が部分治療をすると、かみ合わせがさらに悪くなってしまう可能性があるのです。つまり、お金と時間をかけて矯正治療をしたのに、矯正の効果が小さかったり、場合によってはさらなる治療が必要になったりするのです。

部分矯正は全顎矯正と比べるとかなり安くなるというメリットがあります。しかし、部分矯正は効果も小さい可能性があるので、オススメできません。安さを優先させずに、しっかりとすべての歯並びを一緒に矯正するようにしましょう。

安いと粗悪な素材や技工物の精度が低い恐れがある

矯正治療には、ワイヤーやマウスピースなどの技工物を使います。つまり、病院が矯正治療用の技工物を安く仕入れることができれば、治療費も安く抑えられるのです。例えば、安い輸入製の技工物の場合、強度が低かったり、素材が粗悪であったりします。

矯正治療は、ワイヤーでもマウスピースでも長い間、口の中に入れて使い続けます。強度が低いと効果が小さくなりますし、粗悪品は健康を損なったりする場合があります。

矯正治療価格が安くできる理由は、病院の経営努力もあるので、安いからすべてが危険とはいえません。しかし、極端に治療費を抑えている場合は注意が必要です。

安い病院は患者数を多くする分、診察が不十分!?

矯正治療の価格を抑えている病院は、十分な診察ができていない場合があります。病院といっても、利益を上げなければなりません。治療費を下げた場合、その分患者数を多くする必要があります。つまり、一人当たりの診療時間を短くして施工をしなければならなくなるのです。すると、治療費は安くなりますが、十分な診察をしていないので、矯正治療の質が低下してしまいます。

矯正治療は時間がかかります。治療の入り口で失敗すると、時間をかけても効果が出ません。安易に安いというだけで病院選びをしないようにしてください。

安さで選ばず事前に調べることが肝心!

矯正治療をする前に、まずは周りの病院の相場や自分に合った治療法を調べるようにしましょう。矯正治療はお金がかかるので、少しでも抑えたい気持ちはだれにでもあります。しかし、歯の矯正治療は費用面だけで判断はできません。

質の高い良い病院でしっかりと検査を受け、自分に合った矯正方法を医師と相談してから納得してから施工に入ることが肝心です。「安い」が高くつくことはよくあります。

価格じゃない!オススメの矯正歯科のポイント

矯正治療中の歯のメンテナンス体制

矯正治療中に重要なのが、お口の中の管理です。矯正治療は長期になりがちです。実際 装置をつけると、むし歯や歯周病のリスクが高くなります。 歯並びを改善しつつ、お口の中の管理や歯磨き指導をきちんと対応してくれる環境があることが重要となります。 万が一むし歯になった場合にでも、すぐに対応してくれること。 これができる歯医者さんを選ぶことが大切です。
しっかりと調整料を設けている病院では、日々のメンテナンスをしっかりと行ってくれます。
調整料がない病院は一見、安く治療ができると思いがちですが、歯並びが綺麗になっても虫歯だらけ、と行った残念なパータンに陥る可能性があります。

噛み合わせのバランス調整

矯正治療で歯を動かすと、噛み合わせのバランスが変わってきます。 この噛み合わせが変化することで、体調が悪くなることがあります。 ただ、実際は見た目の治療重視で体調と向き合いながら噛み合わせを考慮した治療がされない病院も多くあります。良い病院は毎月調整に来られた際に必ずこの噛み合わせのバランスを チェックし、悪い場合は調整します。 常に噛み合わせのバランスが良い状態を保ちながら矯正治療を行うことが できるのです。

将来を見据えた矯正治療

矯正治療は長期の治療になります。 そのため、困ったこと、わからないこと、気になることを気軽に聞ける関係を築け、実際に治療まで寄り添ってくれる病院を見つけることが重要なのです。
見た目はもちろん、機能性もしっかりと整え、人生をより快適に 過ごすことができる患者さんの未来を見据えた治療を行うことのできる病院が理想の病院です。

【福岡編】 噛み合わせ や 虫歯 とも向き合ってくれる矯正歯科って?

  • カテゴリお口の雑学 - 病院選び
  • VIEW:257