治すなら早めに!欠けている歯の治療方法

治すなら早めに!欠けている歯の治療方法

欠けている歯を治す方法について、歯科を受診するタイミングや具体的な治療方法等を詳しくご紹介します。放置することの危険性についても解説します。 2018年09月12日作成

  • カテゴリお口の雑学 - 治療内容
  • VIEW:151

欠けている歯を治す方法について、歯科を受診するタイミングや具体的な治療方法等を詳しくご紹介します。放置することの危険性についても解説します。 2018年09月12日作成

外傷などによって欠けている歯は、放置せず治す必要があります。ここではそんな欠けている歯の治療法について詳しくご紹介します。

1. 欠けている歯の問題点とは

転んだり、何かをぶつけたりするなどして欠けてしまった歯は、そのまま放置しておくといろいろな問題を引き起こします。まず、審美性の低下というものが即座に起こります。とくに、前歯が欠けてしまった場合は、笑うなどして口元を大きく開いた際に、よく目立ちます。

次に、欠けた部分へ細菌が侵入し、虫歯を発症させることがあります。エナメル質はとても硬く、外来刺激にも強い抵抗性を持っていますが、内部が露出してしまうとあっという間に侵食されます。その結果、歯髄にまで感染が広がって、抜歯になることも珍しくありません。

それから、欠けている歯をそのまま放置すると、舌を傷つけたり、噛み合っている歯にダメージを与えたりすることもありますので注意しましょう。つまり、歯が欠けている場合は、早期に適切な処置を施す必要があるのです。

2. 欠けている歯を治す方法について

欠けている歯は、状態に応じて治す方法が異なります。例えば、前歯の先端の部分だけ少し欠けているようなケースでは、レジンによる修復処置で簡単に治すことが可能です。けれども、欠けている部分が歯冠の大半を占めているケースでは、被せ物など大掛かりな修復処置が必要となります。さらに、欠けている期間が長く、細菌感染が生じているケースでは、まず虫歯の治療を行いますが、状態によっては歯を保存することができず、抜歯が適用されることもあります。

3. 欠けている歯はとにかく早く治すことが大切

何らかの原因で歯が欠けている場合は、早期治療が何より大切です。例えば、道端で転んで顔面を強打し、前歯が欠けてしまった場合は、欠けた歯質を持参して一刻も早く歯科医院を受診しましょう。状況によっては、欠けている歯質の部分に細菌感染が起こっていませんので、そのまま歯を元の位置に戻すことも可能です。逆に、時間が経過すればするほど、細菌感染のリスクは高まりますので、治療も難しいものになっていくのです。

4. 歯が欠けたらすぐに歯科医院へ

このように、欠けている歯は歯科処置によって治すことができます。歯科医院を受診するタイミングは早ければ早いほどよく、放置すればするほど治りが悪くなります。また、最近では審美歯科治療が発達していますので、欠けた歯質の量が多くても、天然の歯に近い状態で回復できるケースが非常に多くなっています。

  • カテゴリお口の雑学 - 治療内容
  • VIEW:151