インプラントのメンテナンス方法それで合っている?

インプラントのメンテナンス方法それで合っている?

インプラントはメンテナンスの方が実は治療よりも大切です。長期間インプラントが持つためにもメンテナンスには力を入れていきましょう。 2018年05月22日作成

  • カテゴリお口の雑学 - 治療内容
  • VIEW:452

インプラントはメンテナンスの方が実は治療よりも大切です。長期間インプラントが持つためにもメンテナンスには力を入れていきましょう。 2018年05月22日作成

インプラント治療では必ずメンテナンスという期間が存在します。このメンテナンスは一体何のためにあるのでしょうか?メンテナンスの重要性をみなさんにも教えたいと思っています。

インプラントはメンテナンスが命

出典元:https://www.shutterstock.com/

インプラント治療は時間もお金もかかりますが、一番大切なことは治療後のメンテナンスです。メンテナンスをおろそかにしてしまいインプラントがダメになってしまう人を何人も見てきました。

実際にインプラントのメンテナンスではどのようなことを大切にすればいいのか紹介していきます。

・ 歯磨き

患者さんが毎日行う歯磨きはインプラントのメンテナンス面でも非常に大切なことです。歯磨きも歯を磨けばいいのではなく1本ずつ丁寧に磨く必要があります。さらには歯と歯茎の間を丁寧にブラッシングすると細菌を少なくできお口の健康を守れるのです。

歯磨きをする際には歯ブラシと歯磨き粉を使う人が多いですよね。
歯ブラシは毛先が柔らかくてヘッド部分が小さなものを選ぶようにしましょう。長さは短い方が口の中で自在に歯ブラシを動かせるので便利です。

市販の多くの歯磨き粉には研磨剤と呼ばれる成分が含まれています。研磨剤は歯についている汚れを落とす役割がありますがどうしても歯の表面を傷つけてしまいます。
インプラントでも研磨剤を使用するとインプラント自体を痛める原因になるので研磨剤の含まれていない歯磨き粉を使用するようにしてください。

・ 定期検診

インプラント治療後の定期検診はインプラントの寿命を決める上で非常に大切になります。定期検診に通わなくなった患者さんの多くはインプラントがダメになってしまったという報告もあるほどです。
できるだけインプラントの定期検診には顔を出して欲しいです。
定期検診で行うこととして以下のことがあります。

➢ 歯磨きチェック
インプラントを含め口の中を綺麗に出来ているかをチェックします。磨き残しがあるかどうかは小学校の時にした磨き残しに色をつける液体で調べます。
磨き残しやみ劇にくい部位があれば指導してもらえるのでしっかりと自宅で澪が蹴るようにしましょう。

➢ レントゲン撮影
インプラントは顎の骨とくっついています。骨としっかりついているかどうかはレントゲンで確認します。
定期検診でレントゲン撮影をすることはよくあることです。

インプラントのメンテナンスを怠ると?

出典元:https://www.shutterstock.com/

インプラントのメンテナンスを怠るとどのようなことが起きるでしょうか。

・ 破損

インプラントは衝撃に弱いです。噛み合わせが強い場合や、食いしばり・歯ぎしりを発症すると破損する可能性があります。破損したら陶器と同じなので口の中を傷つけてしまうこともあります。

・ インプラント周囲炎

インプラントで一番恐れているのは周囲炎になることです。インプラントにする人は歯周病や虫歯で自分の歯が抜けてしまった患者さんが多いです。

インプラントは歯ではないので歯周病にならないと思っている人が多いですがそんなことはなく、インプラントの歯周病がインプラント周囲炎というものです。
骨と本来強固にくっついているインプラントがグラグラ揺れてきて放っておくとせっかく埋めたインプラントが抜け落ちてしまうのです。

インプラント周囲炎になるとインプラント周囲の骨が溶けていくので定期検診で骨の結合量を確認するためレントゲン撮影を行います。

インプラントメンテナンス一つで予後は変わる

インプラントのメンテナンスの重要性について理解できましたか?インプラントをしっかりメンテナンスしている人は一生涯使うことができますが、メンテナンスや定期検診を怠っている人は10年持たずにインプラントが抜けてしまうこともあります。

インプラント治療は手軽とは言えない値段と治療期間なのでできるだけ長持ちさせたいですよね?そう考えている患者さんは面倒くさいかもしれませんが、歯科医院で行う定期検診やご自身で行う日頃のセルフケアを徹底するようにしましょう。

  • カテゴリお口の雑学 - 治療内容
  • VIEW:452