審美歯科での虫歯治療にはどのような方法があるの?

審美歯科での虫歯治療にはどのような方法があるの?

虫歯治療をした後の「銀歯」が気になり、「白い歯にしたいなあ」と思っている方いらっしゃいませんか。そんな方しのために審美歯科での治療について紹介します。 2018年08月28日作成

  • カテゴリお口の悩み - 虫歯
  • VIEW:152

虫歯治療をした後の「銀歯」が気になり、「白い歯にしたいなあ」と思っている方いらっしゃいませんか。そんな方しのために審美歯科での治療について紹介します。 2018年08月28日作成

TOPIC 01

もう見た目は気にならない。セラミックで白い歯に

通常の保険診療の虫歯治療では、歯を削って虫歯になっている部分を取り除き、詰め物や被せ物などで歯を修復します。小さな虫歯なら、白いレジン(歯科用プラスチック)を詰めるので、治療の跡はわかりにくいのですが、大きな虫歯になると、金属製の詰め物や被せものをしなければなりません。いわゆる「銀歯」です。

この銀歯、どうしても口を開けると目立ってしまい、虫歯治療の跡が一目瞭然。特に気にならないという方もいるでしょうが、気になるので白いものに替えられないか、と考えている方は多いのではないでしょうか。


そんな方は一度、「審美歯科」を掲げる歯科医院で相談してみてはどうでしょうか。もしかすると、目立たたない白い詰め物や被せ物にできるかもしれません。

出典元https://www.shutterstock.com

審美歯科では、セラミック(陶製)など本来の歯の色に近い白い詰め物や被せ物を扱っています。

セラミックは歯を見栄え良くしたい人のためのもの、と思われている方も多いと思いますが、セラミックには他にもメリットがあります。それは、金属を使っていないので金属アレルギーの方も安心できるということです。

また、金属よりもセラミックの方が歯と密着しやすく、汚れもつきにくいので、虫歯が再発しにくいといえます。

TOPIC 02

セラミックにはどんな種類が

出典元https://www.shutterstock.com

セラミックには、大きく分けてメタルボンド、オールセラミック、ハイブリッドがあります。


メタルボンドとは

メタルボンドは金属の上にセラミックを焼き付けたものです。金属を使用しているため強度があり、セラミックの強度がまだ弱かった頃は、よく使われていました。

ただし、金属が使われているため、アレルギーのある人には不向きです。

オールセラミックとは

オールセラミックはセラミックだけを使ったものです。

セラミックにも種類があり、ジルコニア(人工ダイヤ)、アルミナ(酸化アルミニウム)、二ケイ酸リチウムといった素材が使われています。金属が使われていないので、金属アレルギーの心配もありません。

素材によって強度や色合い、価格も異なります。

ハイブリッドとは

ハイブリッドは、セラミックとレジン(歯科用プラスチック)を混ぜたもので、強度や色合いはセラミックに比べ、やや劣ります。

また、ハイブリッドはCAD/CAM装置というコンピューター制御の機器で作成された被せ物(CAD/CAM冠)に限り、一部の歯の治療に保険が適用されるようになりました。しかし、適用には複雑な条件があり、保険適用になるかどうかは歯科医院に確認が必要です。

TOPIC 03

セラミック治療の費用は

出典元https://www.shutterstock.com

保険の利かない自費診療が基本

セラミックの修復物を使った治療は、原則として自費診療です。保険が適用されるのはCAD/CAM冠など一部にとどまります。

費用は素材や成形方法、医院の治療方針で大きく変わりますから一概には言えませんが、被せ物の場合、1本当たりオールセラミックで8万円から12万円、ハイブリッドで5万円から12万円、ジルコニアで10万円から20万円といったあたりが相場のようです。

最近はCAD/CAM装置を使って、こうした保険適用外の詰め物や被せ物も成形できるようになりました。CAD/CAM装置を使うと、歯科技工士が作製するものに比べ、短時間で安価に作製することができます。だいたい、従来のものの半額程度の料金に設定している歯科医院が多いようです。

一部で保険が利くことも

CAD/CAM装置を使ったハイブリッドの被せ物は、一部保険が適用されるようになりました。

適用されるのは、前歯から4、5,6番目の歯のみ、前歯は適用外です。2年以内に被せ物治療を受けていないなど複雑な条件があり、すべての患者が適用されるとは限りません。また、歯科医院も事前に届け出をしておかなければ、保険を適用することができず、治療を受ける際には取り扱い医療機関となっているかどうかの確認も必要です。


保険適用となった場合、1本9000円程度になります。

TOPIC 04

まずは一度歯科医院に相談を

出典元https://www.shutterstock.com

セラミック治療なんて、まだまだ高くて手が出ないと思っている方も多いと思いますが、一部に保険が適用されるなど、「審美歯科」はだんだんと私たちの身近なものになりつつあります。

今後、コンピューターやAI技術の発展によって、CAD/CAMのような装置も進化を遂げ、より手ごろな価格でセラミック治療が受けられるようになるかもしれません。

白く健康的な歯を長く保ちたいという方には、審美歯科での治療を検討してみることをおすすめします。ただし多くの場合、保険が利かない自費診療なので、費用は高額になります。

治療を受ける際は、歯科医師に自分の希望をしっかりと伝え、納得いくまで相談しましょう。

  • カテゴリお口の悩み - 虫歯
  • VIEW:152