口内環境と免疫の関係性は何?免疫を保つ方法とは

口内環境と免疫の関係性は何?免疫を保つ方法とは

免疫力を保つために健康維持が気になっている人もいるはずです。ただ、健康守るには口内環境と免疫の関係性を知る必要があります。内容を紹介します。 2020年04月26日作成

  • カテゴリお口の悩み - 虫歯

免疫力を保つために健康維持が気になっている人もいるはずです。ただ、健康守るには口内環境と免疫の関係性を知る必要があります。内容を紹介します。 2020年04月26日作成

口内環境は健康に関係がある

健康維持のために食生活や運動などをしている人もいます。
しかし、健康維持はそれだけでなく、口内環境を整えることも大事です。
なぜなら、口内環境と体の健康は直結しており、口腔環境が悪くなれば免疫力が低下してしまうこともあるからです。
メカニズムとしては、口腔内には細菌が存在していますが、口腔内に唾液が適量に分泌されているおかげで細菌が体内に入ってくることを防ぐことができています。
しかし、口内環境が悪くなれば、唾液量が減少したり口腔内のバリア機能が低下したりして免疫力が落ちて細菌が体内に入りやすくなり、歯周病や虫歯などの歯の健康を害してしまう、または体内に細菌が入り健康を害することもあります。
このことから口内環境と免疫は関係性があり、口内環境をきれいに保つことはとても大切です。

口内環境を悪くしてしまうには、必ず原因があります。そのため、どのような原因で口内環境が悪くなってしまうのか知っておくことは大事です。原因を徹底紹介します。

口内環境を悪くしてしまう原因とは

口内環境を悪くしてしまうには、必ず原因があります。そのため、どのような原因で口内環境が悪くなってしまうのか知っておくことは大事です。原因を徹底紹介します。

糖分摂取が多い

間食や糖分摂取が多いなら炭水化物を多く摂取することになるので、歯の周りにプラークと言われる歯垢が溜まりやすくなります。このプラークは最近の集まりなので、歯にたくさん溜まってくるなら、虫歯や歯周病を発生させて口内環境を悪くさせます。

固い食物を食べない

固い食物を食べずに柔らかいものばかり食べているなら、噛む量が少なくなり口内で唾液を分泌する量が減ってしまいます。唾液の分泌量が減ると口内に食べかすが残りやすくなり、虫歯や歯周病が発生しやすい環境となってしまいます。普段からお菓子をたくさん食べる人は要注意です。

酸性が強いものを食べたり飲んだりしている

酸性が強いものを食べたり飲んだりしていると、歯が酸で溶けてしまう原因を作ってしまいます。コーラなど酸性が強い飲み物を毎日大量に飲むなら、歯は酸に弱いので酸性物質が口内に多く漂い、歯が全体的に溶けてしまうことが多いです。歯が溶けるなら歯茎も状態が悪くなるので、口腔内環境は悪くなり知覚過敏などの症状を引き起こすことにもなります。

口内環境を清潔に保つには

口内環境と免疫は関係性があるので、口内環境を清潔にことで口内の免疫を保つことができます。しかし、「どのようにすれば口内環境をきれいに保つことができるの?」と疑問を感じる人もいるはずなので、その内容を紹介します。

徹底的に歯磨きをする

歯磨きを徹底的に行うことは大事です。歯の中の細菌が多く繁殖している状態で飲食すると最近も一緒に飲みこんでしまうことになります。歯磨きを行うことで歯の中にいる細菌を取り除き口内環境を良くすることができるので、徹底的に歯磨きを行う習慣を身に着けてください。
歯磨きを朝と夜の2回行うだけでも細菌の増殖を防ぐことができます。

食物繊維が含まれる食物を食べる

食物繊維を豊富に含む食物を食べることも大事です。食物繊維を多く含んだ食物は、唾液の分泌量を向上させ口臭を予防する効果もあるので、口内環境をきれいに保つ働きがあります。食物繊維を多く含む食物はきのこ類や海藻類、野菜、果物などです。特に果物は歯洗浄効果があるものが多いのでおすすめです。

ストレスを溜めないようにする

ストレスを溜めないようにすることも大事です。ストレスを溜め込んでしまうと体の機能がマヒしてしまうことがあり、口内機能にも影響を与えることがあります。ストレスがあるせいで唾液の量が少なくなって口が乾きやすくなることがあるので、ストレスを溜めすぎないように発散させていくことが大事です。

まとめ

口内環境を整えることで、免疫力を保つことができ健康維持に関係性があるので、口内環境には注意しておく必要があります。
口内環境が悪くなって虫歯などの症状が悪化しているなら、歯科医で検査してもらう必要があります。
そうならないように口内環境と免疫の関係性を知って行動するようにしてください。

  • カテゴリお口の悩み - 虫歯