菌活に大切な菌の種類を知り積極的に摂取しましょう

菌活に大切な菌の種類を知り積極的に摂取しましょう

菌活は最近話題に上ることが多くなってきた言葉ですが、菌の種類のことを知っておくことは大切です。菌の種類と特徴を知ることで、安心して菌活に励むことができます。 2019年02月15日作成

  • カテゴリお口の悩み - 虫歯
  • VIEW:523

菌活は最近話題に上ることが多くなってきた言葉ですが、菌の種類のことを知っておくことは大切です。菌の種類と特徴を知ることで、安心して菌活に励むことができます。 2019年02月15日作成

菌活という言葉が最近話題になっています。
菌という言葉だけを見て悪いイメージを抱く人がいるかもしれません。
しかし菌の中には良い菌もあります。
良い菌を積極的に取るのが菌活です。

下記では菌活に大切な知識を紹介しています。
基本的な菌の種類を知ったあとは真剣に菌活に励みましょう。

TOPIC 01

自分にあった菌を見つけよう!

https://pixabay.com/ja/photos/%E9%A1%95%E5%BE%AE%E9%8F%A1/

良い菌は体に有効ですが、菌の種類は1つではありません。
自分の目的に叶った菌を取らなければ、菌活は期待外れに終わってしまいます。
菌は肉眼では見えない小さなものですが、それぞれの菌には明確な働きがあります。

それぞれの菌の特徴を知ることで、早い段階での効果が期待できます。
下記では菌活で大切な菌を詳しく紹介しています。

TOPIC 02

オススメの菌① きのこ菌

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%81%8D%E3%81%AE%E3%81%93/

きのこは菌が100%含まれている食物で、菌活では欠かせない重要な種類です。
きのこの食べ方は人によって異なりますが、おすましに入れる人もいます。
そんなきのこには、オルニチンが豊富に含まれています。

オトニチンはアミノ酸の一種ですが、肝臓に良いと言われています。
肝臓の働きには栄養素の代謝・老廃物の排出といったものがありますが、肝臓の働きが活発化することで新たなエネルギーが生み出されます。

新たなエネルギーが生成されたら肌艶の改善にも期待が持てます。
オトニチンを含む食物にはしじみがありますが、きのこが含んでいるオトニチンの量はじじみの5倍以上と言われています。

きのこの栄養分を失わないためには、水洗いはしない方がよいと言われています。
きのこはさまざまな料理に使えるので、きのこ菌の菌活はやりやすいです。

TOPIC 03

オススメの菌②乳酸菌

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%88/

腸内環境を整えると健康状態や肌に良い影響を与えると言われていますが、腸内環境を整える働きをしているのが乳酸菌です。
乳酸菌は善玉菌に分類されますが、年齢と共に減少していきます。
そのため意識的に乳酸菌を摂取することが大切です。

乳酸菌の種類には動物性乳酸菌と植物性乳酸菌がありますが、さまざまな食物から摂取することができます。
下記では乳酸器が含まれる食物を紹介しています。

動物性乳酸菌はヨーグルトやチーズそして乳酸菌飲料に含まれています。
植物性乳酸菌はキムチ・味噌・塩麹などに含まれています。
どちらの乳酸菌も身近な食物から摂取できるので、菌活がやりやすいです。

女性には便秘が多いと言われていますが、便秘が原因で死亡した例もあるので侮ることはできません。
ヨーグルト・乳酸菌飲料・チーズは料理不要で食べることができるので、冷蔵庫に常備しておきましょう。

TOPIC 04

オススメの菌③土壌菌

https://pixabay.com/ja/photos/%E5%9C%9F%E5%A3%8C/

土壌菌とは土壌に含まれる菌ですが、農業を営む人は植物の生成にも活用しています。
そんな土壌菌は菌活に欠かせません。

腸内にはさまざまな種類の菌が生息していますが、主に生息している菌には善玉菌・悪玉菌・日和見菌があります。

これらの菌にはそれぞれの目的があり、バランスよく共存させることが大切です。 菌のバランスが崩れたら健康面に悪影響を与える可能性があります。
主な病気には下記があります。

・肌のトラブル
・便秘
・免疫力の低下
・肥満やメタポ
・腸の病気

土壌菌は土で育つ野菜類に多く含まれていますが、そのまま食べるのは抵抗があるので菌活では土壌菌サプリをおすすめします。
土壌菌サプリは多くのメーカーから発売されていますが、摂取しやすい適度な大きさになっています。

菌活に有効な菌を紹介しましたが、各々の目的や都合に合わせて選択すればよいでしょう。
どの菌を選択するのかは各自の判断に委ねますが、いずれも継続的に摂取しなければ効果は期待できません。

最初は毎日摂るのはつらいかもしれませんが、少しずつ食生活に採り入れることをおすすめします。
継続は力なりと言いますが、菌活においても当てはまります。

  • カテゴリお口の悩み - 虫歯
  • VIEW:523