天然の歯にそっくり!セラミックインレーの利点と欠点

天然の歯にそっくり!セラミックインレーの利点と欠点

虫歯治療などで製作するセラミックインレーについて、セラミックという素材の特徴や適用される症例など具体例を挙げながら詳しく解説します。 2018年09月12日作成

  • カテゴリ歯の治療・審美 - セラミック
  • VIEW:2,425

虫歯治療などで製作するセラミックインレーについて、セラミックという素材の特徴や適用される症例など具体例を挙げながら詳しく解説します。 2018年09月12日作成

虫歯治療で歯を削った後には、インレーと呼ばれる詰め物を装着することがあります。その際、審美性の高さを求めるのであればセラミックインレーがおすすめです。

1. セラミックインレーとは

インレーとは、一般的に「詰め物」と呼ばれている補綴装置です。軽度から中等度の虫歯であれば、虫歯菌に侵された歯質を歯科用のドリルで削ることで、処置を完了させることができます。その際、生じた歯質の溝を埋めるのがインレーの役割です。

そして、セラミックインレーとは、セラミックという素材で作られた歯の詰め物を指します。セラミックは白くて美しく、なお且つ硬い素材なので、審美性や機能性を重視する人にとっては最適な歯科材料といえます。

2. 色調や質感がエナメル質に近い素材

セラミックは、色調や質感などが天然の歯に近い性質を持っています。ですから、虫歯治療によって生じた溝をセラミックインレーで補うと、もともとの歯の色や質感などを再現することが可能なのです。見た目がエナメル質そっくりなので、一見すると詰め物をしているようには見えません。

3. セラミックは硬くて摩耗しにくい

インレーをレジンで作ると、どうしても経年的な劣化が目立ってしまいます。表面が摩耗したり、食品などによって着色したりするのがレジンです。メタルインレーの場合は、硬くて丈夫ではあるものの、摩耗することはありますし、唾液によって溶け出し、金属アレルギーを引き起こすなどのトラブルが生じかねません。

一方、セラミックインレーであれば、摩耗や変色、金属アレルギーなどが生じるリスクはほとんどありません。これはセラミックという材料自体が持つ優れた性質といえます。

4. 歯ぎしりには要注意

セラミックインレーとは、沢山のメリットを兼ね備えた補綴物ですが、歯ぎしりや歯の食いしばりといった強い圧力に対して割れやすい、という弱点があります。皆さんのご自宅にもある陶器のお皿も、強い衝撃が加わると割れてしまうことがありますよね。これと同じデメリットがセラミックインレーにもあるといえます。

5. メリットとデメリットの両方を知る

このように、セラミックインレーは審美性や機能性に優れた補綴装置ですが、強い衝撃に弱いというデメリットもあります。そのため、普段から歯ぎしりや歯の食いしばりといった口腔習癖がある人は適用できないこともありますので、まずは歯科医師に相談してみましょう。

  • カテゴリ歯の治療・審美 - セラミック
  • VIEW:2,425