歯をきれいにしてくれる「オールセラミック」

歯をきれいにしてくれる「オールセラミック」

オールセラミックはセラミックだけを使った素材のことです。本来の歯と同じか、それ以上の色や形を再現し、審美的効果が高い治療をすることができます。
2018年12月11日作成

  • カテゴリ歯の治療・審美 - セラミック
  • VIEW:147

オールセラミックはセラミックだけを使った素材のことです。本来の歯と同じか、それ以上の色や形を再現し、審美的効果が高い治療をすることができます。
2018年12月11日作成

セラミック治療とは?

治療するときに歯を削り、全体を覆うように修復を行いますが、冠のようにすっぽりと被せることから「クラウン」と呼ばれています。材質は金属などのほかにセラミックという陶器でできたものもあります。

セラミックを使った治療は大きく分けて二つあります。ひとつは、さし歯のように歯のまわりを一周削って差し歯のように被せる方法と、もうひとつは、薄く削って薄いセラミックを貼り付けるラミネートベニア法というものです。この方法を使えば、歯を白くするばかりでなく、歯並びまでを改善することもできます。

以前は金属が主流でしたが、技術が進み、値段は高いですが、審美性はバツグンです。

また、白くすると言えばホワイトニングですが、自分が思い描くようなピカピカの白い歯になるわけではなく、また、時間が経つと徐々に元の色に戻ってしまいます。その分、セラミックならいつまでも白いままで美しさを保つことができます。ただし、ホワイトニングは歯を削りませんが、セラミックは削る必要があります。

オールセラミックとは

出典元:https://www.shutterstock.com

オールセラミックとはその名の通り、全てがセラミックでできた素材の総称です。セラミックはきれいな色を再現しやすい、透明感がある、そして見た目も美しいのが特徴です。また、金属を使っていないので、金属アレルギーなどがある場合も安心して使えるのも良い点です。

ただ、セラミックは硬すぎるため、咬み合わせに問題があったり、奥歯での使用は慎重に考える必要もあります。また、最新技術を使っているためどうしても高価になってしまいます。

治療のしかたは歯の表面を削り、セラミッククラウンを合着させて歯の色、形、歯並びなどの審美的要素をトータルに修復していきます。これをオールセラミッククラウン法といいます。

この治療ではセラミックの特性を十分に生かすことができるため、本来の歯と同じか、それ以上の色や形を再現できます。金属を一切使用しないので、金属イオンによる歯肉の黒い変色も抑えることができます。

歯が欠損したらセラミックブリッジ

出典元:https://www.shutterstock.com

歯が欠けたときはブリッジで対応することができます。ブリッジというのは橋渡しをする治療のことで、金属を使用するタイプと、金属をまったく使用しないオールセラミックタイプとがあります。

セラミック素材を使って橋渡しで修復する方法をセラミックブリッジといいます。ブリッジは固定式のため、歯があった元の状態と同じように回復することができます。


治療法はさまざまありますが、オールセラミックは歯肉にとってやさしい素材で、しかも審美性も高いのが特徴です。金属は有害作用を引き起こす可能性がありますが、その点、セラミックなら安心して使えます。

また、オールセラミッククラウン法とラミネートベニア法といったセラミックを使った治療をすることで、トータルで美しい歯を手に入れることができるようになります。


  • カテゴリ歯の治療・審美 - セラミック
  • VIEW:147